経済産業省
文字サイズ変更

産業保安規制の業務内容

TOPページ > 産業保安規制の業務内容 > LPガスの安全 > くわしい内容

LPガスの安全

くわしい内容
液化石油ガス(LPガス)は、都市ガスとならんで主要な家庭用燃料のひとつとして、全国約2,500万世帯で使用されています。
LPガス販売事業者は、液化石油ガス法(液化石油ガスの保安の確保及び取引の適性化に関する法律)に基づき、ガスの漏えいによる爆発や火災、不完全燃焼による一酸化炭素中毒などの事故が起こらないように、供給設備点検・消費設備点検などの保安業務を万全に行うよう義務付けられています。安全器具の普及もあって、LPガスの事故は年々減少してきていましたが、ここ数年は下げ止まり傾向が見られ、平成18年以降は増加傾向を示しています。
経済産業省では、液化石油ガス法の適正な運用や保安対策指針の周知徹底によって、LPガスの消費者の保安確保のため一層の充実を図っていきます。

ページトップへ

LPガス設備の管理責任
LPガスの設備のうち、供給設備については販売店に、消費設備については消費者に管理責任があります。万一の事故を防ぐためには、消費者自らが自分の目で設備や使用状況の点検・確認を行う必要があります。
高圧ガスの貯蔵の規制図

ページトップへ

ページトップへ

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.