経済産業省
文字サイズ変更

産業保安規制の業務内容

TOPページ > 産業保安規制の業務内容 > LPガスの安全 > お知らせ> 冬場に向けたご注意

LPガスの安全

冬場に向けた御注意
LPガス御利用の皆様へ
冬場は暖房や給湯需要の高まりに伴い、LPガス御利用の機会も多くなります。こうした中、日頃の点検を怠っていたり、誤った使い方をした場合、思わぬ漏えい事故やCO(一酸化炭素)中毒事故が発生する恐れがあります。
このような漏えい事故やCO中毒事故を防ぐために以下に御注意下さい。
1.緊急時の連絡のために
LPガスの販売事業者から説明を受けた緊急時の連絡先を再度確認しましょう。
2.LPガスの漏えい事故を防ぐために
LPガスの漏えい事故を起こすと、発生したお宅だけではなく周りのお宅にも被害を与えてしまうことがあります。このような事故を防ぐために、以下に御注意下さい。
①ガス臭いと感じたら、すぐ緊急連絡先へ連絡してください。
②ガス器具を使用した際に異常を感じたら、使用を中止し、すぐに緊急連絡先に連絡してください。
③ガス漏れの発生を素早く認知するにはガス警報器の設置が効果的です。また、ガス警報器は、常に電源コンセントに接続して、使える状態にしましょう。
3.CO中毒事故を防ぐために
CO(一酸化炭素)は、無臭のため気づきにくく、また、低濃度で死に至ることがある有毒なガスです。このようなCO中毒の事故を起こさないようにするため、以下に御注意下さい。また、「CO中毒事故防止のリーフレット」を部屋に貼っておきましょう。
①暖房や給湯器などLPガス機器の使用中は必ず窓を開けて換気を行いましょう。
②暖房や給湯器などLPガス機器及び換気扇などの換気設備は、ホコリなどによる目詰まりがないよう日頃から手入れをしましょう。また地震で配管やガス機器が壊れている恐れもあるので、特に長期間使用しなかった場合には異常がないことを確認しましょう。
③COの発生を素早く感知するにはCO警報器の設置が効果的です。設置する場合は、常に電源コンセントに接続して、使える状態にしましょう。

ページトップへ

LPガス販売事業者及び保安機関の皆様へ
経済産業省では、液化石油ガスの使用量が増加する冬期に向けて、特に被災地の仮設住宅等における事故を防ぐ目的で、社団法人エルピーガス協会、日本液化石油ガス協議会経由で、LPガス販売事業者及び保安機関の皆様に対して、以下の事項について、一般消費者の皆様へ注意喚起を行うよう「要請文書」を発出いたしました。
1.被災地の一般消費者等が使用する供給設備の点検、消費設備の調査等の保安業務を確実に行って下さい。
2.以下の内容について、被災地の一般消費者等に対して十分に注意喚起を行って下さい。
(1)ガスの漏えい事故対策
①ガス臭いと感じたら、すぐ緊急連絡先へ連絡してください。
②ガス器具を使用した際に異常を感じたら、使用を中止し、すぐに緊急連絡先に連絡してください。
③ガス漏れの発生を素早く認知するにはガス警報器の設置が効果的です。また、ガス警報器は、常に電源コンセントに接続して、使える状態にしましょう。
(2)CO中毒事故対策
①暖房や給湯器などLPガス機器の使用中は必ず窓を開けて換気を行いましょう。
②暖房や給湯器などLPガス機器及び換気扇などの換気設備は、ホコリなどによる目詰まりがないよう日頃から手入れをしましょう。また、地震で配管やガス機器が壊れている恐れもあるので、特に長期間使用しなかった場合には異常がないことを確認しましょう。
③COの発生を素早く感知するにはCO警報器の設置が効果的です。設置する場合は、常に電源コンセントに接続して、使える状態にしましょう。
一般消費者等に注意喚起を行う場合、「CO中毒事故防止のリーフレット」を御活用下さい。

ページトップへ

ページトップへ

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.