ガスをお使いの皆様へ

消費者の不適切な使用等に起因する事故が毎年発生しています。

  1. 十分に換気をしましょう。
  2. 日頃からのお手入れメンテナンスをしましょう。
  3. 万一に備え「CO警報機」を設置しましょう。
  4. 異常を感じたらすぐに連絡をしましょう。

CO(一酸化炭素)の発生を防ぐために

  • 十分な換気をしましょう。

    給気口が荷物などで塞がっていないか、確認してください。給気不足だと不完全燃焼を起こし、CO中毒の原因となります。ガスストーブやガスファンヒーターなどを長時間使う時はときどき窓を開けて新鮮な空気に入れ換えるなど、必ず換気をしましょう。

  • 日頃からのお手入れとメンテナンスをしましょう。

    ガス機器や換気扇に油汚れやホコリがたまると給気不足により、不完全燃焼を起こし、COの発生につながる可能性があります。

  • 万一に備え「CO警報機」を設置しましょう。

    気づきにくいCOの発生をいち早くキャッチし、音声やブザーで警報し、事故を未然に防ぎます。

  • 異常を感じたらすぐに連絡をしましょう。

    ガス臭い・ガス機器の炎が安定しない・炎の色が赤いなどの異常を感じたときは、すぐにガスの使用をやめて「緊急時連絡先」か「LPガス販売店」にすぐ連絡してください。

こんな時どうする?

  1. ①ガス臭い時

    • ・火気厳禁

      換気設備、電灯等には
      触れないでください

    • ・ガス栓を「閉」!
  2. ②気分が悪い時

    • ・CO(一酸化炭素)中毒の恐れ
    • ・ガス機器の使用を中止
    • ・十分な換気
  3. ③地震が起こった時

    • ・ガス栓を「閉」!
    • ・ガス臭い!窓を全開に!