東洋大学・日本旅行業協会

分野
観光

PROJECT
産学連携による観光人材育成プログラム開発事業

●開発する教育プログラムの概要

 旅行、運輸、宿泊、飲食、物販、情報等のサービス業の複合体である観光産業を対象にプログラムを開発し、日本旅行業協会(JATA)と密接に連携してコース別で育成を行い、複数の要素を持つ魅力的な人材を輩出する。

 平成29年4月に開設した国際観光学部にて、観光産業及び観光行政で求められる人材像を5つに分類し、それぞれのコース別に育成する。
 ツーリズムコース、エグゼクティブマネジメントコース、サービスコミュニケーションコース、観光プロフェッショナルコース、観光政策コース、の5コース。

●コンソーシアム・実施体制

《講義連携》 JATAおよびJATA加盟企業、観光業界各分野の企業等と連携し、これまでにない実践的な教育プログラムを開発。

《国際連携》 国連世界観光機関(UNWTO)、海外大学等との連携により、グローバル人材を育成。

●これまでの実績

・「募集型企画旅行演習」「エアラインサービスマネジメント実習」「観光実学演習」等の実践的プログラムを開発。

・平成29年4月に国際観光学部を設置。

・UNWTO賛助加盟員制度に加盟。UNWTO関係者による特別講演会、マドリードの本部オフィスへの学生インターンシップ派遣を実現。

・ツーリズムEXPOジャパンにブースを出展し、学生の学びの場として活用するとともに、産学連携の幅を広げる。

●本事業の活用による事業達成目標

・新カリキュラムの運用開始とともに、教育効果を評価する体制を産学連携で構築し、PDCAサイクルを自走させる。

・アジア圏の先進大学と連携し、学生、知見、人材の交流を行う枠組みを構築する。

・社会人の学び直しのための教育プログラムを構築し、観光業界、観光地域づくりの発展に貢献していく

●関連リンク

http://www.toyo.ac.jp/academics/faculty/itm/