実証試験を通じて、水素供給ビジネス成立のための課題を検証し解決する

水素供給・利用技術研究組合

設立年 2009年
組合員 企業 14社 (2010年4月1日現在) 新日本石油株式会社、出光興産株式会社、岩谷産業株式会社、大阪ガス株式会社、川崎重工業株式会社、コスモ石油株式会社、西部ガス株式会社、株式会社ジャパンエナジー、昭和シェル石油株式会社、大陽日酸株式会社、東京ガス株式会社、東邦ガス株式会社、日本エア・リキード株式会社、三菱化工機株式会社

水素供給インフラ整備に関する実証実験を通じて、水素供給ビジネスの事業化に向けた、供給安定性、経済合理性、環境適用性の検証を行う。

水素供給・利用技術研究組合は、水素供給事業と燃料電池自動車普及を目指す民間企業によって、2015年での一般ユーザへの普及開始を目指し、 実証試験での水素供給を通じて水素供給ビジネス成立のための課題を検証し、解決することを目的に設立された技術研究組合です。

平成21〜22年度は、経済産業省による公募事業「平成21年度水素利用社会システム構築実証事業」を受託し、都心、成田空港周辺、羽田空港周辺に3か所の水素ステーションを配置し、燃料電池自動車・バスの定期運行を行う「水素ハイウェイプロジェクト」、北九州市に水素のパイプラインを敷設し、定置用燃料電池の面的実証を行う「水素タウンプロジェクト」の2つの実証事業を推進しています。

1 水素ステーションによる水素供給網の面的実証
2 FCバス/FCVハイヤーによる定期ルート運行
 
1 水素パイプラインによる水素供給技術の実証
2 純水素型定置用燃料電池の面的運転実証
3 純水素を燃料とする各種アプリケーションの実証

水素供給システム全体の社会受容性と事業成立のための課題を一体となって検証し、解決していく予定です。

このページのトップへ戻る