TOPページ > トピックス> 女性起業家サミット

 ■政策提言  ■開催概要  ■ニュース  ■概要  ■関連リンク

 

 平成22年10月1日(金)に岐阜市において、女性起業家サミットが開催されました。本サミットは、アジア太平洋の女性起業家の潜在力を引き出すため、日米両国が共同して開催されたもので、APEC参加の21の国と地域から女性起業家が約330名出席しました。
 開催にあたり中山経済産業大臣政務官から歓迎挨拶がされ、前原外務大臣及びクリントン米国国務長官からビデオメッセージが寄せられました。
 また、各界で活躍されている女性起業家の皆様からご自身の経験や考えをお話しいただき、活発な議論がされました。


■政策提言

 女性起業家サミットで話し合われた結果をとりまとめた日米共同の政策提言です。

  政策提言 政策提言(仮訳)

 

■開催概要

開会挨拶:賢い経済のための男女共同参画
 中山 義活 経済産業大臣政務官
 前原 誠司 外務大臣 からのビデオメッセージ
 Hillary Rodham Clinton 米国国務長官 からのビデオメッセージ
 Melanne Verveer 米国国際女性問題大使
 星野 朝子 日産自動車株式会社 執行役員
 Dina Powell ゴールドマン・サックス マネージング・ディレクター
 (総合司会)石井 淳子 日本貿易振興機構(ジェトロ) 名古屋貿易情報センター所長 

パネル1:アジア太平洋地域における起業家精神の醸成
 Ginger Lew 米国大統領府 国家経済会議シニアカウンセラー
 東條 紀子 大塚ホールディングス株式会社 常務取締役
 Amanda Ellis ニュージーランド外務貿易省 国際開発担当副次官
 Dato’ Beatrice Nirmala インターナショナル・ビジネス・レビュー・アンド・パッションズ編集長
 (モデレーター)Mariko Sanchanta ウォール・ストリート・ジャーナル東京支局長

 <概要>
 アジア太平洋地域において、女性の経済活動促進に向けたコミットをしていくことを再認識するとともに、新しい時代において女性が重要な役割を果たしていることを再確認 した。参加者は、ネットワークや金融資本の不足など、女性が社会活動をする上で直面している課題を克服するためには、政府の支援と女性起業家本人の意識が必要であるこ とに合意した。

パネル2:経済成長に向けた男女共同参画のための官民連携
 林 文子 横浜市長
 Maria Paz Lagos チリ共和国女性担当副大臣
 Katie Stanton ツイッター国際戦略部門長
  (モデレーター)国谷裕子 キャスター

<概要>
 女性の経済活動を促進するための官民連携支援のベストプラクティスについて強調した。 女性の官公庁への参画を促進するための方策などについて議論を行った。参加者は、政治家がリーダーシップを発揮して、女性が経済、大学、政治に取り組む活動を広げるべ きだと強調した。また、女性の起業活動を支えるためには、官民が連携して女性のワークライフバランスを促進することが重要であると強調した。

経済・ビジネスリーダーに対するインタビュー
 岡崎トミ子 内閣府特命担当大臣(男女共同参画)からのビデオメッセージ
 賢い経済のための男女共同参画:Kathy Matsui ゴールドマン・サックスチーフ・ストラテジスト
 中山 義活 経済産業大臣政務官
 Francisco Sanchez 米国商務省次官
 James Adams 世界銀行東アジア・大洋州地域担当副総裁
 Beth Brooke アーンスト・アンド・ヤング国際統括副責任者
 (司会)Kyung Lah CNN 特派員

分科会
【市場獲得に向けた方策】

 坂野 尚子 株式会社ノンストレス代表取締役
 Sandra Bock プロセソス・ナチュラレス・ヴィルカン・ベリーズ社生産管理部長
 Minja Lee フローラ・ベーシック社
 Mary Ryckman 米国通商代表部(USTR) シニアポリシーアドバイザー
 Elizabeth Vasquez ウィーコネクトインターナショナル最高経営責任者、共同創設者
 (モデレーター)Patricia Bader-Johnston アーンスト・アンド・ヤングジャパン

<概要>
 自由競争市場に参入し急速な成長を遂げるための市場参入に向けた戦略について議論した。マーケティングの専門知識、人材開発、そして、新商品が狙った市場へ容易に入る ことを保証する広報のノウハウの重要性が強調された。政府調達と事業創出に関するボーダーコストを低減し、障壁を下げる必要性が強く主張された。

【資金調達に向けた方策】
 Mei-Yueh Ho AU オプトロニクス社
 Pacita Juan フィガロ・コーヒー創設者
 Ana Ma 米国連邦中小企業庁事務次官
 Helen Robinson マーキット・エンバイロメンタル・レジストリー専務理事
 斎藤 聖美 ジェイ・ボンド東短証券株式会社代表取締役社長
 (モデレーター)Daniela Carrera Marquis 米州開発銀行金融市場局局長

<概要>
 新しいビジネスの創出と中小企業を支援するために必要な金融及び非金融商品へのアクセスに関する問題点について議論した。また、金融機関が女性起業家に幅の広い金融オ プションを提供する必要があることを指摘した。その際、中小企業のビジネスの立ち上げを妨げるような男女の格差を埋めるための政策を政府が打ち出す必要があると述べた。

【技術導入に向けた方策】
 Elana Berkowitz 米国国務省イノベーションアドバイザー
 伊藤 麻美 日本電鍍工業株式会社代表取締役
 KateMorrison ヴァルチャーストリート社長
 Masumi Reynders グーグル新ビジネス開発、日本太平洋地区代表
 (モデレーター)Ann Kambara 在日米国大使館東京アメリカンセンター館長

<概要>
 アジア太平洋地域にわたってe ビジネスの顧客を開拓するための戦略、特に、インターネットのブランディングやマーケティングの重要性に関して意見を交換した。多様化さ れた市場において、女性起業家が顧客とのつながりを広げ、拡張可能で低コストのビジネスモデルを構築するために、インターネットを基礎とした科学技術とモバイルツール がどのように使えるかについて、スピーカーより説明がなされた。

【能力向上と事業拡大に向けた方策】
 Nanz Chong-Komo  ナンズインクグループ創設者
 Laily Maulidya  KWas デザインパートナー
 Mavis Mullin  PaewaiMullins シアリング
 西村 今日子 森松工業株式会社取締役
 (モデレーター) Patricia Foley Hinnen キャピタルシスターズインターナショナル創設者、最高経営責任者

<概要>
 ビジネスをスケールアップするためには、人的関係や社会への貢献を重視するとともに、失敗から学ぶことが重要であると強調した。この思考をもとに、女性起業家は雇用 の再形成や他の熱意のある女性に仕事面での進展の機会を与えている。

パネル3:ビジネスの成長に向けたイノベーションとネットワーキング
 Deb Henretta プロクター・アンド・ギャンブルアジア地区担当プレジデント、ABAC 米国委員
 石黒 不二代 ネットイヤーグループ株式会社代表取締役社長
 Andrina Lever WLN 共同創設者
 John Roos 駐日米国大使
 (モデレーター) Kae Inoue  ブルームバーグ

<概要>
 ネットワークの構築は、企業にとって、多様な考えを収束したり、イノベーションとビジネス成長の好循環を生み、市場のニーズを満たしたりするためのカギになると強調し た。成功した企業の実例を検証しながら、このような企業がいかにして女性の視点を市場に取り込んで、競合者より早く市場のニーズを満たしたかについても議論した。ネッ トワークはいかなる規模の企業にとっても重要であり、新しいビジネスモデルや指導教育モデルを形成する。参加者はアジア太平洋地域でネットワークを構築できる潜在的な 可能性について合意した。

コミットメント
 中山 義活 経済産業大臣政務官
 國井 秀子 2010 APEC WLN 実行委員会副委員長リコーIT ソルーションズ株式会社取締役会長執行役員
 Christina Tchen 米国大統領府女性評議会特別顧問
 (モデレーター) Melanne Verveer 米国国務省国際女性問題担当大使

<概要>
 2010年10月4日、ホワイトハウス女性評議会は、女性起業家をサポートするためのイニシアティブを含んだ女性起業家の重要性を強調する会議を米国にて行う。また、 米国政府は来年のAPEC において女性の経済活動の機会に関するハイレベル政策対話を開催する予定であることを発表した。 日本政府は11月に横浜で開催される中小企業サミットにWES の参加者の参加を勧めた。そして、女性起業家が日本で成功する機会を保証するための政策に取り組むことを約束 した。
 第15回APEC 女性リーダーズネットワーク(WLN)は、政府が女性の金融へのアクセスを改善し、起業家と中小企業とを支援し、社会的起業家を支援することを提案した。参 加者はWLN とWES の成果がAPEC 成長戦略に取り入れられることを提言した。

■ニュース

● APECにおける女性経済活動支援と中小企業支援の連携 (平成22年9月13日)
 本年我が国が議長を務めるAPECでは9月から11月にかけ、女性経済活動支援と中小企業支援に関係した一連の会合を開催します。
 日本APECにおいては、女性経済活動支援と中小企業支援の重要性について議論を深める様々な機会を提供します。また、2つの要素を結びつける方策についても情報発信します。特に世界の成長センターであるアジア太平洋の活力を取り入れる際の我が国の視点として女性が中小企業においても活躍できる環境を目指していくことが重要であるとのメッセージを一貫して示していきます。

  経済産業省報道発表資料(2010年9月13日)

■概要

   APECは、今年は日本、来年は米国が議長を務めます。その日米が連携して、APECにおける女性の社会的地位の向上に焦点を置いた新たなる協力案件を進める計画です。
 現在、APECでは、アジア太平洋地域全体の成長戦略作りに取り組んでいますが、日米両国は、そのために女性への機会創出や起業家精神の醸成が非常に重要な政策課題であると考えています。
 そこで、アジア太平洋の女性起業家の潜在力を引き出すため、日米両国が共同して、APECではじめての「女性起業家サミット」を開催することといたしました。本サミットは、2010年3月の日米APEC協力に関する共同ステートメントを受けたものです。
 本サミットは、10月2日(土)、3日(日)に岐阜市で開催される第17回中小企業大臣会合と連動して、10月1日(金)に同市において、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)と共同で開催されます。APECのメンバーである21の国・地域から女性起業家が参加します。150人の海外から来日する女性起業家や日本の女性起業家を含め、総計約350人が創業や事業拡大に関する知見や経験の共有を図り、ネットワーク作りについて話し合います。1日のサミットの最後に、日米両政府は、議論の結果をとりまとめ、政策提言を発表します。

■関連リンク

中小企業大臣会合  http://www.apecsme2010.org/
女性リーダーズネットワーク(WLN) http://apecwln2010.jp/ja.html
APEC事務局 女性起業家サミット http://www.women.apec.org/index.php

ページ上部へ戻る
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.