経済産業省
文字サイズ変更


ASEM首脳会合の開催実績

首脳会合はASEMの最高意志決定機関です。首脳会合では経済分野のみならず、政治問題、安全保障問題、文化的交流等、幅広い分野について議論が行われ、ASEM全体の枠組みや活動の方向性等が決定されます。

1996年3月にタイ・バンコクで開催された第1回首脳会合では、アジアと欧州が対等な立場で政治・経済・文化といった幅広い分野で協力を行うことが合意されました。このうち、経済分野では経済閣僚会合の開催、貿易と投資に関する高級実務者会合(SOMTI)の設置、及びアジア欧州ビジネスフォーラムの開催等について合意されました。

1998年4月に英国・ロンドンで開催された第2回首脳会合では、アジア経済や地域・国際情勢等について対話がなされました。また、ASEMの協力のあり方の枠組みを定めた「アジア欧州協力フレームワーク」が採択されるとともに、ASEMの将来の方向性を検討するための「ビジョン・グループ」が発足しました。

2000年10月に韓国・ソウルで開催された第3回首脳会合では、ASEMの協力活動の方向性を整理した議長声明、ビジョン・グループでの議論の結果を踏まえ改訂された「アジア欧州協力枠組み2000」、朝鮮半島の平和と安定のためにASEMとしても貢献すべきとの観点から策定された「朝鮮半島の平和のためのソウル宣言」が採択されました。

2002年9月にデンマーク・コペンハーゲンで開催された第4回首脳会合では、アジア欧州両地域間の経済関係を強化するため、貿易・投資・金融の専門家からなるタスクフォースを設置することが合意されました。また、北朝鮮が国際社会に関与していくことの重要性を確認する「朝鮮半島の平和のための政治宣言」、ASEMとしてテロ対策に取り組むことを表明する「国際テロリズムに関する協力のための宣言」が採択されました。

2004年10月にベトナム・ハノイで開催された第5回首脳会合では、アジア側より3か国(カンボジア、ラオス、ミャンマー)、欧州側よりEU新規加盟10か国のASEMへの新規参加が正式に承認されました。また、アジア欧州両地域における経済分野での協力関係の更なる緊密化を図るため「より緊密なASEM経済パートナーシップに関するハノイ宣言」が採択されました。

2006年9月にフィンランド・ヘルシンキで開催された第6回首脳会合では、アジア側より3か国(インド、モンゴル、パキスタン)と1機関(ASEAN事務局)、欧州側から2か国(ブルガリア、ルーマニア)のASEMへの新規参加が正式に承認されました。また、気候変動への今後のASEMでの取り組みなどを記載した「気候変動に関するASEM宣言」、ASEMにおける今後10年間の指針を示した「ASEMの将来に関するヘルシンキ宣言」が採択されました。

関連リンク

外務省「アジア欧州会合(ASEM)」へのリンク
(首脳会合の結果はこちら)
EU「The Asia-Europe Meeting(ASEM)」へのリンク
(首脳会合の結果を英語でご覧になりたい方はこちら)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.