経済産業省
文字サイズ変更



経済産業省と中国商務部との定期協議・結果報告


平成15年 4月21日
通商政策局北東アジア課

平成15年4月21(月)、中国新商務部と第1回定期協議(旧対外貿易経済合作部時代から数えて9回目)を開催。経済産業省(佐野経済産業審議官他)と商務部(安民副部長他)は、双方の問題意識について忌憚のない意見交換を行った他、平沼大臣への表敬が行われた。概要以下のとおり。


  1. 平沼大臣への表敬
    平沼大臣から、中国経済脅威論を克服し、日中双方が相互補完的関係を構築していくこと、そのためには、中国の持続的成長と、それを牽引する外資系企業による投資が不可欠、貿易投資環境上の諸問題の解決に向けた率直な意見交換、対話の強化が益々重要となってきている旨発言。
    安民副部長からは、中国の持続的発展には日本との長期的かつ友好的な協力が不可欠、両国の発展に向け諸問題については対話による解決が重要との考えに賛同する旨の発言がなされた。
    また、平沼大臣からの早い時期に呂福源部長と会って話をしたいとの意向につき、安民副部長から呂福源部長に伝える旨約束。



  2. 定期協議の結果概要
    日中双方の冒頭発言の後、以下のとおり意見交換が行われた。

    (1) 貿易・投資環境上の諸問題について
    知的所有権の侵害対策(模倣品問題等)については、日本側から、中国政府の本件に関する取組み(法制度の整備、履行(エンフォースメント)の努力)を評価しつつも、未だ不十分であるとして、a)先端技術分野をはじめとする特許権等の権利取得の迅速化(特に、DVD、デジタルカメラ)、b)模倣品・海賊版対策を中心とする更なる履行の強化、c)技術輸出入管理条例(ライセンス規制)の一層の緩和を要請し、中国側の取組み強化を要請した。
    中国側からは、審査制度改善、効率性向上に最大限努めつつも、先進国と同じレベルになるには、まだ時間がかかること、国務院所属の知財担当組織の所管を旧国家経済貿易委員会から移管し、技術政策の一環として知財保護に積極的に取り組むとの表明があった。また、商務部に新ポストを創設したので、中国としても積極的に取り組むとの決意表明があった。
    日本側から、WTOルールの遵守という観点から、化学、自動車、鉄鋼分野の以下のような問題について、規則・制度の厳正な運用を求めた。
    化学品等のAD調査開始問題や写真フィルムの関税譲許違反
    自動車輸入割当の不透明性及び指定部品制度導入の内外差別
    鉄鋼SGの除外手続き
    他方、中国側からも対日輸出及び投資促進に関するいくつかの障害について懸念表明がなされ、日本側から回答を行った。
    タオルSG措置に係る調査期限の延長
    本年2月の「技術流出防止指針」による対中技術移転への制約
    中国からの輸入野菜等を対象とした過度な検疫制度の運用
    「商用ビザ発給手続き」の簡素化及び「中国人研修生受入れ問題」

    (2) WTO新ラウンド(ドーハ・ラウンド)での協力について
    日本側から、日中が協力して新ラウンド交渉のモメンタムを維持し、カンクン閣僚会合の成功に向け協力して行く必要性を呼びかけた。
    中国側からは、新ラウンドの成功は世界経済の発展に寄与するものであるとの認識に加え、更にグローバル化の中で、途上国の利益を新ラウンドの核心にし、各メンバーの利益を重視して最大の結果が得られるようにすべきとの考えが示された。

    (3) 更に、輸出管理、貿易救済措置調査、更には個別通商案件処理について本定期協議の枠組みの下に局長級会合を開催することで意見の一致を見たほか、鉄鋼、化学等の既存の協議枠組みを継続していくことに同意した。

(参考)主な協議出席メンバー


1.日本側

佐野 忠克 経済産業審議官
成宮 治 大臣官房審議官(二国間協力担当)
塩田 誠 通商政策局 北東アジア課長
鈴木 英夫 通商政策局 通商機構部参事官
柚原 一夫 通商政策局 通商機構部参事官
本庄 孝志 製造産業局 化学課長
半田 力 製造産業局 鉄鋼課長
立岡 恒良 製造産業局 自動車課長
小宮 義則 経済産業政策局 知的財産政策室長
丸山 進 貿易経済協力局 特殊関税チーム長 他

2.中国側

安 民 商務部 副部長
陳 洲 商務部 アジア司副司長
張 驥 商務部 科技司副司長
顧春芳 商務部 公平貿易局副局長
江 帆 商務部 外貿司副司長
劉迎軍 商務部 合作司助理巡視員 他


経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.