経済産業省
文字サイズ変更
東アジア経済統合に向けて

東アジア(ASEAN+8)/ASEAN+3

1、概要

日本企業が活躍する東アジア地域において、より円滑で自由な経済活動を実現し、東アジアの活力を我が国の成長に取り込んでいくことを目指し、我が国はASEAN3首脳会合、東アジア首脳会合等の下で地域的な協力を進めてきました。具体的には、(1)経済連携の推進、(2)域内の連結性の強化、(3)成長の質の3つの柱を掲げ、経済大臣会合やエネルギー大臣会合等で積極的なイニシアティブを発揮しています。以下では、経済大臣会合における取組を中心にご紹介します。

2、東アジアサミット関連会合/ASEAN+3関連会合

東アジアサミット(EAS)は、政治・安保、経済、社会・文化の幅広い分野について議論していく場として、200512月に立ち上げられました。経済分野については、技術移転、インフラ開発、能力形成、グッドガバナンス、人道支援、金融協力の推進、貿易・投資の拡大・自由化を通じ、開発、金融の安定、エネルギー安全保障、経済統合及び成長、貧困撲滅並びに開発格差是正の促進を進めていくこととなっています。第2回EASにおいては、日本が提唱した、東アジア包括的経済連携(CEPEAASEAN6)に関する民間研究の立ち上げが歓迎されたほか、第3回EASでは、「東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)」の正式設立が合意されました。また、20088月からは経済大臣が集まる会合が開催されるようになりました。さらに、20128月には、米国、ロシアを加えた、東アジア経済大臣会合(AEM-EAS)公式会合が開催されました。

ASEAN+3首脳会合、ASEAN+3経済大臣会合は、アジア通貨危機を契機に、1997年から開催されています。ASEAN+3の枠組みでは、2017年までに、政治・安全保障、経済・金融、エネルギー・持続 可能な開発、社会文化、制度的支援等の分野で協力していくことを定めた「東アジア協力に関する第二共同声明」が採択されています。

我が国は、これらの地域的取組において、経済連携、連結性、成長の質向上の3本柱に基づき、経済連携の提案や域内における協力についてなど積極的に関わっています。

なお、経済連携については、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の議論が本格化したことを受けて、20128月から、ASEAN+FTAパートナーズ会合が別途立ち上げられ、経済連携については同会合において議論されることになりました。

RCEPのページはこちら

以下、連結性の強化、成長の質向上について、ご紹介します。

 

1.連結性の強化

経済統合の実現にあたっては、ヒト・モノ・カネのより自由な動きを推進するため、国と国との「連結性(connectivity)」の強化も推進しています。具体的には、2010年にASEANが策定した「ASEAN連結性マスタープラン」や東アジア首脳会合で歓迎された「アジア総合開発計画」などの枠組の下、港湾や鉄道といったハードのインフラや、税関手続きの円滑化や制度の調和といったソフトのインフラを促進し、東アジア地域が物理的・制度的に一体化することを目指しています。

我が国の連結性への支援

東アジアの生産ネットワークの拡大を目指す取組として、ハード・ソフトのインフラの整備(「連結性の強化」)を行っています。ASEANには多くの日本企業が既に進出していますが、進出している企業からは、ハード・ソフトのインフラの未整備が課題として挙げられています。また同時に、急激に発展するアジアにおけるインフラニーズは、日本の技術・システムを輸出するチャンスでもあります

200910月の東アジアサミットにおける我が国の提案に基づき、東アジアワイドでの広域インフラ開発について東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)が「アジア総合開発計画」を策定し、地域毎に約700のプロジェクトを列挙、投資総額は約3,900億ドルに上ります。201111月のEASでは同計画をベースに東アジアワイドでの「連結性マスタープラン・プラス」を今後検討していくことに合意されました。
我が国は、この計画に盛り込まれているハードインフラ整備の支援を行っています。

 

 

2.成長の質向上

東アジアが成長するにあたり、成長の質の向上を図るため、1)エネルギー・環境等の制約要因の克服を目指し、2)産業高度化・中間層拡大を推進します。我が国は、グリーン成長のためのエネルギー安全保障や環境協力等での取組、また、エネルギー大臣会合に積極的に参加しています。

 

エネルギー大臣会合

経済産業省は、経済大臣会合に加えて、エネルギー大臣会合にも積極的に参加しており、東アジアにおけるエネルギー協力にも取り組んでいます。2011年のエネルギー大臣会合の結果は、下記をご参照ください。

過去の会合結果

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.