経済産業省
文字サイズ変更


経済関係強化のための日墨共同研究会第3回会合の結果概要

平成13年12月14日
経済産業省通商政策局国際経済課
中南米室
  1. 経済関係強化のための日墨共同研究会第3回会合は、12月12日(水)、13日(木)の両日、メキシコシティ(経済省)において開催され、産業界及び官界からなる両国委員の間で建設的な意見交換が行われた。(双方参加者はこちら

  2. この会合では、第2回に引き続き、日墨両国間の経済関係強化のために改善すべき点および協力できる点の洗い出しを双方から行った。

    (1) 日本側から、(i)メキシコ側における税関及び貿易関連手続面での簡素化・円滑化を更に進めることが両国にとって有益であること、(ii)頻繁な制度変更や治安、環境問題等によりメキシコのビジネス環境の改善・整備が求められていること等について指摘した。メキシコ側からは、メキシコの法制度の説明を行うとともに、いくつかの分野については既に改善に向けた取り組みが行われている例が紹介され、今後更に情報交換と協力を進めていく必要性について認識の一致を見た。

    (2) 両国における基準・認証制度、競争政策、知的所有権の保護に関する制度等について両国間で高い関心が示され質疑が行われるとともに、今後の協力の可能性も念頭に双方で情報を共有していくこととした。

    (3) 貿易・投資促進やメキシコにおける裾野産業の育成等の面で意見交換を行った。また、農業分野について双方の情報交換の有用性が確認された。

  3. 第4回会合を3月の上旬に東京で、第5回会合を4月の下旬にメキシコにおいて開催することが確認された。

本件記事資料問い合わせ先: 通商政策局中南米室 担当:田村
 

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.