経済産業省
文字サイズ変更

別添1

農産物5品目の取扱いについて

  1. 豚肉
    従価税率半減の特恵輸入枠の設定
    初年度 38,000トン → 5年目 80,000トン


  2. オレンジジュース
    関税率半減の特恵輸入枠の設定
    初年度 4,000トン → 5年目 6,500トン(濃縮換算)


  3. 牛肉
    当初2年間 市場開拓枠 10トン(無税)
    3年目以降
    3年目 3,000トン → 5年目 6,000トン
    関税率は、協定発効後2年目に協議。


  4. 鶏肉
    当初1年間 市場開拓枠 10トン(無税)
    2年目以降
    2年目 2,500トン → 5年目 8,500トン
    関税率は、協定発効後1年目に協議。


  5. オレンジ生果
    当初2年間 市場開拓枠 10トン(無税)
    3年目以降
    3年目 2,000トン → 5年目 4,000トン
    関税率は、協定発効後2年目に協議。


※ いずれの品目についても、協定発効後5年目に再協議。




別添2


鉱工業品分野における交渉の結果概要


  1. 総論
    鉱工業品分野においては、日墨双方の関心に応えた、国際的に遜色のない自由化(関税撤廃)に合意。
    日墨双方とも、ほぼ全ての品目について、関税を10年以内に撤廃することに合意。


  2. 鉄鋼分野の墨側自由化約束
    例外なく、全ての鉄鋼製品について、10年以内に関税を撤廃。
    そのうち、特定業種 向けに使われるもの等については、関税を即時撤廃。
    ※電子、家庭用電気製品、資本財、自動車の4分野


  3. 自動車分野の墨側自由化約束
    協定発効時より、乗用車及び大型を除くバス・トラックについて、前年の墨国内販売台数の5%の新規の無税枠を設け、7年目から完全自由化。(注)
    (注)墨内に生産拠点を有する企業向けの既存無税枠は、別途維持。


経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.