経済産業省
文字サイズ変更
   
 

2001.5 第3回AEM+3経済大臣会合(シェムリアップ)共同宣言(WTO部分)

WTO
  1. 閣僚は、グローバル経済活動における減速の可能性を熟考しつつ、ルールに基づく多角的貿易体制の強化に対するコミットメントを再確認し、その優位性を支持する旨を表明した。

  2. 閣僚は、2001年1月にメンバー国によって、クアラルンプールで開催されたセッションを通じ、アンチ・ダンピングや投資といったWTOの新ラウンドにおいて取り上げられ得るアジェンダに関して相互理解が深化していることを歓迎した。閣僚は、メンバー国によってなされたこれらの努力が、アンチ・ダンピングを含む、バランスのとれた、十分に広範なアジェンダの形成、ドーハにおける新ラウンドの立ち上げにとって、重要な貢献になることを強く断言した。

  3. 閣僚は、途上国の懸念が新ラウンドの中で真剣に取り扱われなければならないことに合意した。閣僚は、WTO協定実施のためのキャパシティ・ビルディングの更なる強化の必要性を強調した。閣僚は、また、WTOが21世紀におけるグローバル経済のニーズや挑戦に対応するべきことに合意した。

  4. 閣僚は、中国の間もなくの加盟を歓迎し、カンボジア、ラオス、そしてベトナムの加盟手続の加速化を支持した。
第3回AEM+3経済大臣会合(シェムリアップ)共同宣言全文 英文仮訳(東アジアのページへ)


TOP

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.