経済産業省
文字サイズ変更

東京電力福島第一原子力発電所における非常用高台炉注水ポンプ付近等からの水の漏えいに係る報告の受領について

本件の概要

 原子力安全・保安院は、東京電力株式会社に対し、平成24年1月28日、29日及び30日に凍結が主たる原因と考えられる水の漏えいが、非常用高台炉注水ポンプ付近の配管接続部その他多くの箇所から確認されたことを踏まえ、安全上重要な設備及び放射性物質を含む水を扱う設備の凍結防止及び放射性物質を含む水の漏えい防止に万全を期すため原因究明と再発防止対策の実施、凍結対策の計画の策定等を指示しました。(1月30日お知らせ済み)
 本日(2月10日)、東京電力株式会社から当該指示に基づく報告を受けましたのでお知らせいたします。原子力安全・保安院としては報告内容に沿って速やかに対策を実施することを東京電力に対して求めるとともに、現地の保安検査官により対策が着実に進められることを確認することとします。

担当

 

  原子力安全・保安院 東京電力福島第一原子力発電所事故対策室
  原子力安全・保安院 原子力事故故障対策・防災広報室

公表日

平成24年2月10日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.