経済産業省
文字サイズ変更

繊維製品等の安全性の確保について~有害物質に変化し得る染料・顔料の使用自粛に向けた業界の自主基準に対する対応~

本件の概要

 経済産業省では、健康被害の未然防止の観点から、有害物質に変化し得る一部のアゾ色素について、家庭用品規制法を所管する厚生労働省に対し、それを使用した繊維製品等の規制の検討を継続的に要請するとともに、繊維製品等の安全性確保に関する自主的な取り組みを繊維産業界(日本繊維産業連盟)に要請し、業界と協力しつつ、繊維製品の安全性の確保に努めてまいりました。
 日本繊維産業連盟では、繊維製品の安全性確保に関する業界自主基準を策定し、運用が開始されており、昨日(29日)その一般公表を行いました。
 経済産業省では、この自主基準の遵守等を通じて、繊維製品の安全性の確保に万全を期すよう、広く関係者に対して周知を行っていきます。

担当

製造産業局 繊維課

製造産業局 紙業服飾品課

公表日

平成24年3月30日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.