経済産業省
文字サイズ変更

九州電力株式会社玄海原子力発電所3号機で確認された充てんポンプの主軸の折損に関する原因と対策の報告を受けました

本件の概要

  原子力安全・保安院は、平成23年12月16日、九州電力(株)から、定期検査のため停止中の玄海原子力発電所3号機(加圧水型:定格電気出力118万キロワット)において、充てんポンプの主軸が折損していることを確認した旨、原子炉等規制法に基づく報告を受けました。(平成23年12月16日お知らせ済み)

  本件について、本日(23日)、九州電力(株)から、原因と対策に係る報告書の提出を受けましたので、お知らせします。

  原子力安全・保安院としては、今後、報告を受けた内容を厳格に確認する予定です。
  また、充てんポンプの主軸の折損は、過去にも同様の事象が他プラントで発生していることから、原子力事業者に対し、同型ポンプの主軸に異常な振動が発生する可能性等の評価を行うよう指示文書を発出しました。

担当

原子力安全・保安院 原子力事故故障対策・防災広報室

              原子力発電検査課

              核燃料サイクル規制課

公表日

平成24年4月23日(月)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.