経済産業省
文字サイズ変更
  • 経済産業省ホーム
  • お知らせ
  • ニュースリリース
  • 2012年度一覧
  • 東京電力福島第一原子力発電所第1~4号機に対する「中期的安全確保の考え方」に関する東京電力からの報告書の変更のうち4号機使用済燃料プールからの新燃料先行取り出しの実施等について評価しました

東京電力福島第一原子力発電所第1~4号機に対する「中期的安全確保の考え方」に関する東京電力からの報告書の変更のうち4号機使用済燃料プールからの新燃料先行取り出しの実施等について評価しました

本件の概要

 原子力安全・保安院(以下「当院」という。)は、平成23年10月3 日付けで、東京電力株式会社(以下「東京電力」という。)に対して、「東京電力株式会社福島第一原子力発電所第1~4号機に対する「中期的安全確保の考え方」」(以下「中期的安全確保の考え方」という。)を示し、東京電力に対し、原子炉等規制法の規定に基づき、「中期的安全確保の考え方」に示される設備等への基本目標に対する施設運営計画及び安全性の評価について報告することを求めました。東京電力からは、順次、施設運営計画の報告が提出されているところです。当院は、専門家からの意見を聴取しつつ、提出された報告を慎重に評価し、確認を進めてきています。(平成24年7月4日までに
お知らせ済み)

 東京電力から、7月4日に、4号機使用済燃料プールからの新燃料の先行取り出し等について、当院に提出があり、当院では7月6日に開催した意見聴取会で専門家の意見を聴いて、慎重に評価を行い、本日当院としての評価結果をとりまとめ、原子力安全委員会へ報告しましたのでお知らせいたします。

担当

原子力安全・保安院 東京電力福島第一原子力発電所事故対策室

公表日

平成24年7月12日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.