経済産業省
文字サイズ変更

水素スタンドの技術基準を圧力82メガパスカル対応に改正します(一般高圧ガス保安規則及びコンビナート等保安規則の改正)

本件の概要

 経済産業省は、燃料電池自動車に水素を供給する水素スタンドに関する技術基準を、現状の40メガパスカル対応から82メガパスカル※対応に改正し、本日、公布・施行しました。
 この改正により、82メガパスカル対応の水素スタンドの保安が確保され、商業地域等の市街地にも建設することが可能となります。今後、燃料電池自動車の水素容器の技術基準の整備と相まって、これまでの40メガパスカル水素スタンドで充塡した燃料電池自動車と比較し、燃料電池自動車の航続距離が伸びることから、実用性、利便性等が高まります。

担当

商務流通保安グループ 高圧ガス保安室

公表日

平成24年11月26日(月)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.