経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

第4回「キャリア教育アワード」及び第3回「キャリア教育推進連携表彰」受賞者が決定しました!

本件の概要

経済産業省は、子どもたちに対し働くことの意義や学びと実社会とのつながりを伝え、社会的・職業的自立に向けた力を育成する「キャリア教育」の取組を推し進めています。
このたび、産業界による優れた教育支援活動を表彰する第4回「キャリア教育アワード」及び第3回「キャリア教育推進連携表彰」の受賞団体を決定しましたので発表いたします。表彰式は2月21日の「平成25年度キャリア教育推進連携シンポジウム」の場で行います。

1.表彰制度の概要

(1)キャリア教育アワード
企業や経済団体による教育支援の取組を奨励・普及するため2010年度に創設された表彰制度 です。また、2011年度より最も優秀と認められる取組には経済産業大臣賞を授与しています。

(2)キャリア教育推進連携表彰 学校を中心としたキャリア教育の推進のために、教育関係者(学校や教育委員会等)と、行政(首長部局等)や地域・社会(NPO法人やPTA団体等)、産業界(経済団体や企業等)が連携・協働して行う取組を奨励・普及するため2011年度に創設された表彰制度です。

2.受賞企業・団体

(1)キャリア教育アワード
【大賞】(経済産業大臣賞を受賞した3団体より選出)
岩村田本町商店街振興組合
活動名:「商店街初!岩村田商店街が実施する、支援の必要な子供たちのための自立支援プロ
グラム」

(2)キャリア教育推進連携表彰
【最優秀賞】兵庫県教育委員会・県下全市町組合教育委員会

※両表彰制度の全ての受賞企業・団体と取組概要については、別紙1・2をご参照ください。なお、 各受賞企業・団体の取組内容の詳細や受賞理由については、後日下記URLのページにおいて
紹介させていただきます。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/career-education/award.html

2.選出方法

平成25年11月29日の応募締め切りまでに、第4回「キャリア教育アワード」については計60件、第3回「キャリア教育推進連携表彰」については計75件の応募をいただき、審査基準に従い事務 局により審査委員会に諮る事例を選出しました。
審査委員会において、事務局の推薦した事例を審査委員に審査いただき、受賞団体を決定しました。 

3.表彰式

表彰式は、「平成25年度キャリア教育推進連携シンポジウム」において行います。同シンポジウムの詳細は別紙3を御参照ください。

【参考 1】
第4回「キャリア教育アワード」・第3回「キャリア教育推進連携表彰」公募プレスリリース
http://www.meti.go.jp/press/2013/08/20130819001/20130819001.html

【参考 2】
「キャリア教育」とは、「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」です。具体的には、「職業体験活動」や「インターンシップ」といった職業に直接触れる体験だけでなく、国語・算数・理科などの授業の内容と実社会とのつながりを理解させる活動なども含まれます。

担当

経済産業政策局 産業人材政策室

公表日

平成26年1月10日(金)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.