経済産業省
文字サイズ変更

「サービス産業の高付加価値化に関する研究会」を開催します

本件の概要

経済産業省は、我が国の経済成長の鍵を握るサービス産業の高付加価値化に向けた新たな政策を検討するため、「サービス産業の高付加価値化に関する研究会」を開催します。

1.背景・趣旨

我が国のサービス産業は、GDPの約7割を占め、雇用の面からも大きなウェイトを占める一方、生産性向上・高付加価値化を図る必要があります。日本再興戦略においても、「付加価値の高いサービス産業の創出を図る」との方針が示されています。
これを踏まえ、有識者等による研究会を開催し、サービス産業の生産性向上・高付加価値化に向けた具体的方策の検討を行います。

2.委員

別紙を御参照ください。

3.研究会の主な検討内容

  • 事業の高付加価値化を担う人材育成
  • 新たな顧客獲得や新たなサービス開発等の「攻めのIT投資」への転換
  • ビジネス支援サービス産業の振興と当該サービスの活用
  • サービス産業の高付加価値化を実現するビジネスモデルの革新   等

4.今後の予定

○第1回研究会
日時  平成26年1月20日(月)16:30-18:30
会場  経済産業省本館17階第4共用会議室(東京都千代田区霞が関 1-3-1)
※本年5月を目途にとりまとめを予定しています。

【1月17日差し替え】委員名簿に誤記がありましたので資料を差し替えました。

担当

商務情報政策局 サービス政策課

公表日

平成26年1月16日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.