経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

ASEAN地域の情報セキュリティ強化支援のための研修を開催します

本件の概要

経済産業省は、平成26年1月20日(月)から同29日(水)にかけて、新興国での制度・事業環境整備に向けた、「ASEAN  地域の重要インフラ関係者等に対する情報セキュリティ強化支援」研修コースを開催します。

1.経緯と目的

本研修は、平成24年10月に開催された第5 回日・ASEAN 情報セキュリティ政策会議の際のASEAN側からの要望を踏まえ、平成25年2月~3月にかけて開催した「ASEAN情報セキュリティ強化」研修に続く、第2回目の研修となります。また、本研修は、平成25年9月に開催された日・ASEANサイバーセキュリティ協力に関する閣僚政策会議においても取り上げられた取組です。

本研修では、ASEAN各国及び関係機関の官民参加者に対し、情報セキュリティマネ ジメ ン トの国際規格に準拠した情報セキュリティマネジメ ントシステム(ISMS : Information Security Management System)及び制御システムに関するセキュリティマネジメントのためのサイバーセキュリティマネジメントシステム(CSMS:Cyber  SecurityManagement System)についての研修を行います。

ISMS は、組織の情報セキュリティ管理体制整備や対外的な情報セキュリティの信頼性の向上、インシデントの発生可能性や発生時の損害の低減につながるものです。 また、CSMSは、発電プラント等の重要インフラ等に使用されている制御システムのセキュリティ強化を図るための規格となります。

今回の研修では、ASEAN 地域における情報セキュリティ向上のため、ASEAN 関係者 に対しISMSやCSMS、情報セキュリティ全般の重要性について理解を深めてもらい、参加者が自国にてそれらの取組の普及を図ってもらうことを期待しています。また、 今回は宮城県多賀城市の制御システムセキュリティセンター(CSSC)での研修も予定しております。

ASEAN地域における情報セキュリティの強化は、地域の投資環境の向上に繋がり、ASEAN地域に進出を検討している日本企業の活動に資するものです。

2.研修の概要

名称:「ASEAN 地域の重要インフラ関係者等に対する情報セキュリティ強化支援」研修コース
日時:平成26年1月20日(月)~1月29日(水)
場所:一般財団法人海外産業人材育成協会(HIDA)・東京研修センター(東京都足立区千住東 1-30-1)技術研究組合制御システムセキュリティセンター東北多賀城本部(TTHQ) (宮城県多賀城市桜木 3-4-1(みやぎ復興パーク  F-21 棟 6 階))
参加者:ASEAN 加盟7か国(カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、 タイ、ベトナム)の官民関係者計23名が参加予定。

主な研修内容
(1) 最新の情報セキュリティトレンド、情報セキュリティの重要性、ISO/IEC27000シリーズに関する説明、制御システムの現状と将来性
(2) ISMS概論(ISO/IEC27001)
(3) CSMS概論(IEC62443-2-1)
(4) ワークショップ
(5) 企業視察

担当

商務情報政策局 情報セキュリティ政策室

公表日

平成26年1月17日(金)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.