経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

日本の伝統的工芸品を世界最大級の消費財見本市でPRします!

本件の概要

本年2月7日(金)~11日(火)にドイツ・フランクフルトで開催される世界最大級の消費財見本市「アンビエンテ2014」に日本各地の伝統的工芸品が出展し、国指定の伝統的工芸品として初めて紹介されます。これを通じ、100年以上の歴史を有し、日本特有の風土の中で培われた究極の技と美を備えた伝統的工芸品の魅力を世界に発信します。

1.趣旨

「アンビエンテ2014」は毎年2月に開催されている世界最大級のBtoB消費財見本市です。今年の開催に当たっては、主催者のバックアップのもと自国の文化やデザ インを積極的に発信できるパートナーカントリーにアジアから初めて日本が選出され、日本企業による展示会や日本文化・技術を発信するための様々な企画が行われます。

この中で、日本のものづくり文化の象徴ともいえる伝統的工芸品の美しさや、匠の技を「DENSAN」をキーワードに世界に発信するため、一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会がアンビエンテ2014に出展します。これにより、出展企業の海外市場獲得・ビジネス化につなげます。

2.出展概要

  • 見本市名:Ambiente アンビエンテ2014
  • 会期:2014 年2月7日(金)~11日(火)
  • 会場:ドイツ・フランクフルト国際見本市会場

参加団体名、展示工芸品名

「BEST OF DENSAN」
(ブース:Galleria0 A04)
ショーケース形式で作品を展示し、究極の技と美を発信します。
陶磁器 益子焼/美濃焼/京焼・清水焼/伊万里・有田焼/波佐見焼
漆器 会津塗/輪島塗/越前漆器
金工品 南部鉄器/山形鋳物
木工品・竹工品 樺細工/秋田杉桶樽/箱根寄木細工
ガラス 江戸切子
読谷山花織/東京手描友禅
越前和紙/江戸からかみ/江戸木版画/丸亀うちわ

会場イメージ Galleria 0. A04 輪島塗「沈金松文煮物椀」西 勝廣

「DENSAN for Everyday Life」
(ブース:HALL9.0 F91)
19の企業・団体が伝統の技を生かした日常使いの製品を出品し、各国バイヤーと商談を行います。
陶磁器 (株)つかもと(益子焼)/(有)陶庫(益子焼)/深川製磁(株)(伊万里・有田焼)/平戸洸祥団右ヱ門窯(三川内焼)
漆器 安比塗漆器工房(浄法寺塗)/伝統鎌倉彫事業協同組合(鎌倉彫)/(株)ウチキ(山中漆器)/(株)我戸幹男商店(山中漆器)/(株)まえじゅう漆器(山中漆器)
テーブル&キッチンウェア 大館曲げわっぱ協同組合(大館曲げわっぱ)/東京金銀器工業協同組合(東京銀器)/越後三条鍛冶集団(越後三条打刃物)/穂岐山刃物(土佐打刃物)/江戸切子協同組合(江戸切子)
インテリア装飾品 琉球絣事業協同組合(琉球絣)/兵庫県杞柳製品協同組合(豊岡杞柳細工)/(株)東京松屋(江戸からかみ)/東京伝統木版画工芸協同組合(江戸木版画)/名古屋七宝協同組合(尾張七宝)/

益子焼「利平平皿重ね」(株)つかもと 江戸からかみ「三段入れ子箱・天神唐草」(株)東京松屋

3.(一財)伝統的工芸品産業振興協会とは

昭和49年「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」が制定され、経済産業省として各種事業を通して伝統的工芸品産業の振興を図っております。 日本各地には陶磁器、漆器、染織、和紙など多様な工芸品があり、なかでも経済産業大臣の指定を受けている伝統的工芸品は現在218品目に亘ります。 当協会は全国の伝統的工芸品を束ねる唯一の団体として設立され、様々な事業を通じ、伝統的工芸品の振興を推進しています。

担当

商務情報政策局 伝統的工芸品産業室

公表日

平成26年1月27日(月)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.