経済産業省
文字サイズ変更

被災地産水産物を使用した特別メニューを職員食堂にて提供します!

本件の概要

経済産業省は、福島第一原子力発電所の汚染水問題等の影響により風評被害を受ける可能性のある水産物に対し、正確な理解の促進を図るため、食堂を有する全ての府省庁と連携して、職員食堂(特許庁を含む)で被災地(宮城県、福島県、茨城県)産水産物を使用した特別メニューを提供します。
また、経済産業省独自の取組として、川俣シャモ、エゴマ豚といった福島県の畜産品を使用した特別メニューも合わせて提供します。

1.開催概要

開催日時:平成26年3月10日(月)~14日(金)
開催場所:経済産業省内地下1階食堂「若松」及び「咲くら」特許庁内地下1階食堂「レストランアターブル」、「麺処みのり庵」及び「あらた野」

※期間中、内閣府本府、宮内庁、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、 厚生労働省、農林水産省、国土交通省、気象庁、防衛省の一部でも同時に実施します。

2.特別メニューに使用する産品

  • 福島県:ヤリイカ、サンマ、川俣シャモ、エゴマ豚
  • 宮城県:ブリ、メカブ、ワカメ、サンマ、イワシ
  • 茨城県:イワシ、シラス、                                                       等
※実施期間中であっても、特別メニュー用水産物等がなくなり次第、提供は終了とします。
※食堂内にポスターを展示し、来場者に福島の試験操業や水産物の安全性に関する情報を提供します。

3.今後の取組

経済産業省は、今後とも、福島・被災地産品や観光等の風評被害の払拭及び福島・被災地の産業振興に向け、省内食堂での被災地の食材利用を促すとともに、東京電力やその関連企業にも被災地の食材利用を働きかけるだけでなく、国内外の会議における福島県・被災地産品のPRや産業界における福島・被災地産品の取扱いの拡大の要請など、福島・被災地産品の販売促進及び被災地復興に向けた取組を進めてまいります。

担当

地域経済産業グループ 福島産業復興推進室
特許庁 総務部 会計課

公表日

平成26年3月4日(火)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.