経済産業省
文字サイズ変更

特許情報のさらなる活用へ向け前進しました

本件の概要

日米欧中韓の特許庁による五大特許庁長官会合が、6月5日に米国で開催されました。本会合において、以下の主要な成果がありました。
①五庁の審査結果をワンストップで取得するシステムの稼働承認及び他庁に先行して世界知的所有権機関(WIPO)が持つシステムとの連携を行う試行プログラムの開始
②五庁間で交換した特許公報データ等の利用範囲や条件を定めたポリシーについて合意
③特許審査ハイウェイ(PPH)の新たな取組について議論の開始
これらの取組により、我が国特許庁の特許審査情報が活用されることによる諸外国における早期かつ安定した権利取得や、諸外国における審査状況や急増する外国語文献をユーザーがより簡単に参照できる環境の整備促進が期待されます。

担当

特許庁 総務部 国際課

公表日

平成25年6月6日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.