経済産業省
文字サイズ変更

シャープ株式会社が製造した全自動洗濯機のリコール(無償点検・修理)

本件の概要

シャープ株式会社が製造した全自動洗濯機について、当該製品の「洗い・すすぎ」と「脱水」の動力を切り替える電気部品(クラッチソレノイド)のリード線が断線し、発火する重大製品事故が発生しました。
当該事故は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき、重大製品事故報告を受け、平成25年7月9日にガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因が疑われる事故として公表していたものです(管理番号A201300235)。
当該事故の原因は、現在調査中ですが、洗濯水槽の下部で結束されているクラッチソレノイドのリード線の固定状態や洗濯機の設置環境による振動など様々な要因が重なり、リード線と結束バンドが擦れて断線し、放電が発生して発火し、洗濯水槽樹脂へ類焼したものと考えられます。
このため、シャープ株式会社では、事故の再発防止を図るため、本日、プレス公表を行い、 対象製品について無償で点検・修理を行うこととしています。
経済産業省としては、当該製品をお持ちの方に対し、事故の再発防止のため、シャープ株式会社の行う点検・修理を受けるよう注意喚起を行ってまいります。

担当

商務流通保安グループ 製品安全課 製品事故対策室

公表日

平成25年7月29日(月)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.