経済産業省
文字サイズ変更

茂木大臣がモニーツ米国エネルギー長官と会談しました

本件の概要

茂木大臣は本日、モニーツ米国エネルギー長官と会談を行い、我が国のエネルギー政策及び福島原子力発電所の状況について説明するとともに、今後の二国間のエネルギー協力について意見交換を行いました。

このうち、原子力分野における協力に関し、我が国が原子力損害の補完的補償に関する条約(CSC)を締結する意向を表明するとともに、締結に向けた準備作業を行う方針を伝えました。

茂木大臣は本日、モニーツ米国エネルギー長官と会談を行い、我が国のエネルギー政策及び福島原子力発電所の状況について説明を行うとともに、原子力、LNG、クリーンエネルギーなどの今後の二国間のエネルギー協力について意見交換を行いました。

茂木大臣からは、国際的な原子力賠償制度を構築することの重要性を踏まえ、福島第一原発事故の廃炉・汚染水対策に知見を有する外国企業の参入の環境を整えるために、原子力損害の補完的補償に関する条約(CSC)を締結する意向を表明し、締結に向けた準備作業を行う方針について説明しました。

これに対し,モニーツ長官からは我が国の取組を歓迎する旨の発言があり,双方は,今後本条約に関する詳細な調整を進めていくことにつき一致しました。

担当

資源エネルギー庁 長官官房 国際課
資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 原子力政策課

公表日

平成25年10月31日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.