経済産業省
文字サイズ変更

茂木経済産業大臣がロシアに出張しました

本件の概要

茂木経済産業大臣は、12月25日から27日の日程でロシアに出張しました。今回は、ウリュカエフ経済発展大臣、ガルシュカ極東発展大臣、ノヴァク・エネルギー大臣との会談を実施しました。

今回、経済産業大臣として約10年振りにロシアを訪れ、4月の日露首脳会談の成果を具体的に進めるため、ウリュカエフ経済発展大臣、ノヴァク・エネルギー大臣、ガル シュカ極東発展大臣と会談を行いました。
ウリュカエフ経済発展大臣とは、(1)イノベーション分野や医療、都市環境分野での協力と、(2)中小企業分野での協力につき、それぞれ覚書に署名を行いました。また、医療分野や省エネルギー分野で日露企業等の間で4本の合意文書が交換されました。 さらには、来年3月に東京で開催される「日露投資フォーラム」には、ウリュカエフ大臣がロシア経済界を代表する企業家を伴って参加し、日露首脳会談で取り上げたプロジ ェクト等をさらに進めていくことで合意しまし た。また、我が国の「日露交流促進官民連 絡会議」について、代表世話人の坂根正弘氏より説明をいただきました。

(ウリュカエフ経済発展大臣と覚書に署名・交換)

ガルシュカ極東発展大臣には、極東地域の発展について、我が国企業は、エネルギー 開発や自動車組立から省エネ、医療等様々な分野で貢献ができることについて理解を得ました。また、「日露交流促進官民連絡会議」で極東・東シベリア開発がテーマの一つになっていることを説明し、両国関係強化について一致しました。

(ガルシュカ極東発展大臣と会談)

ノヴァク・エネルギー大臣とは、天然ガス分野について、ロシアでのLNGプロジェクトの実現に向けて協力していくことに合意しました。その際、我が国としては、競争力のある価格でLNGが供給されることが重要であることを強調しました。また、省エネルギー・再生可能エネルギー分野について、我が国の技術を活かしてロシアの電力設備近代化等のプロジェクト実現を支援していくことを確認しました。日露関係機関の間で覚書が署名されました。

(ノヴァク・エネルギー大臣と会談)

4月の安倍総理の訪露により、強化への弾みがついた日露経済関係の一年を締め括り、来年の一層の日露経済関係拡大につながるものとなりました。

担当

通商政策局 欧州課
通商政策局 ロシア・中央アジア・コーカサス室

公表日

平成25年12月27日(金)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.