経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

宮沢経済産業大臣がアラブ首長国連邦(UAE)に出張しました

本件の概要

宮沢経済産業大臣は、国際再生エネルギー機関(IRENA)第5回総会に出席するために、1月16日 (金)から19日(月)にかけて、UAEを訪問しました。
また、アブダビ・ハーミド皇太子府長官(王族)、マズルーイ・UAEエネルギー大臣、スウェイディADNOC総裁等、UAEの他、マレーシア、カザフスタン等の要人と会談を行いました。

1.IRENA第5回総会

IRENA第5回総会において、宮沢経済産業大臣が議長を務め、アミン事務局長の再任を含め、議事を進行しました。
同総会を通じて、日本が先進技術を持つ再生可能エネルギー分野において世界に貢献していく姿勢を示しました。

 

2.二国間会合

【アブダビ首長国要人等との会談】

我が国のエネルギー安全保障上重要なUAEの政府要人とエネルギーにとどまらない幅広い協力を進めることで一致しました。

(1) ハーミド皇太子府長官(王族)との会談では、原油価格の下落の我が国や世界経済への影響などについて意見交換するとともに、日本企業の石油権益の獲得延長を働きかけました。また、我が国企業のアブダビへの投資が実を結びつつあることを紹介し、産業、金融等の幅広い分野における協力の重要性について確認しました。

(2) マズルーイUAEエネルギー大臣との会談では、石油や原子力等のエネルギー分野を基礎としつつ、投資、教育や医療を始めとする幅広い分野で協力を一層推進することで一致しました。

(3) スウェイディ・アブダビ国営石油会社(ADNOC)総裁とは短時間の会談を行い、石油権益の獲得延長の働きかけを行いました。
また、クベイシ・アブダビ総裁代行との会談においても、石油権益の獲得延長を働きかけるとともに、教育及び医療分野における協力関係の強化に関する覚書の締結に立ち会いました。

【IRENA年次総会における会談】

(4) カザフスタンのシュコルニク・エネルギー大臣との会談では、石油や原子力等のエネルギー分野での協力について意見交換を行いました。

(5) マレーシアのオンキリ・エネルギー・環境技術・水大臣との会談では、石油・LNGを始めとするエネルギー分野のみならず、水分野での協力強化について意見交換を行いました。

(6) IRENAのアミン事務局長とのバイ会談では、日本とIRENAとの協力関係を強化することで一致した。

 

担当

資源エネルギー庁長官官房国際課
(IRENA関連)
資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部政策課国際室

公表日

平成27年1月20日(火)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.