経済産業省
文字サイズ変更

シンポジウム「クラウド×OSS ~ “攻めのIT”への転換」を開催します!

本件の概要

経済産業省は、クラウドコンピューティング時代におけるオープンソースソフトウェアの有効活用による日本企業の競争力強化に向け、平成27年2月27日(金)に「クラウド×OSS ~“攻めのIT”への転換」と題してシンポジウムを開催します。

1.背景

米国では、ITを活用した新たな商品・サービスの創出等を目的とした、いわゆる「攻めのIT投資」が積極的に行われています。他方で、我が国の企業においては、経営者層のIT活用に対する重要性の認識が相対的に低いこと等から、米国のような攻めのIT投資は比較的低い水準にとどまっています。

一方、IT技術は日進月歩で進化を続けており、この中でも柔軟かつ多彩なサービスを利用できる「クラウドコンピューティング」が普及しつつあります。このクラウドコンピューティングを中心として、オープンソースソフトウェア(OSS)と言われる、一定条件を満たせば自由に使え、手を加えることのできるソフトウェアが広がりを見せており、ソフトウェア同士が連携して新たなイノベーションが生まれ競争力の源泉となりつつあります。

こうした状況を踏まえ、経済産業省では、世の中にOSS活用の有効性を広めること、及び新たな価値を生むためのIT活用のあり方として“攻めのIT活用”を広めることを目的として、有識者を交えた議論を行うシンポジウムを開催する運びとなりました。

2.開催概要

日時:平成27年2月27日(金)13:00~18:00
場所:明星大学 日野キャンパス(東京都日野市程久保2-1-1 26号館2F)
内容:講演、パネルディスカッション(詳細は、3.プログラム内容参照)
定員:200名(無料・事前登録制)
※シンポジウムの申込方法等については以下のURLをご参照下さい。
<本シンポジウムと同時開催イベントである「オープンソースカンファレンス2015 Tokyo/Spring」公式ページより>
http://www.ospn.jp/osc2015-spring/modules/eguide/event.php?eid=93外部リンク

3.プログラム内容

基調講演(13:10~13:45)
タイトル:攻めのIT活用」とOSSへの期待(仮)
講演者:野口聡(経済産業省商務情報政策局情報処理振興課長)

発表講演(1)(13:50~14:15)
タイトル:クラウド事業者からみたOSSの活用と課題
講演者:荒井康宏氏(クラウド利用促進機構(CUPA)代表理事)

発表講演(2)(14:20~14:45)
タイトル:OSSが切り開くソフトウェアの可能性
講演者:石井達夫氏(SRA OSS Inc.日本支社長)

パネルディスカッション(1)(15:00~16:15)
タイトル:「企業のOSS利用状況と、OSSビジネスの現状 - 調査結果を交えて」
チェア:寺田雄一氏(オープンソース活用研究所)
パネラ:荒井康宏氏(CUPA)、黒坂肇氏(サイオステクノロジー)、中西剛紀氏(TIS)

パネルディスカッション(2)(16:30~17:45)
タイトル:「OSS活用推進と攻めのIT - 促進策・支援策の提言へ」
チェア:吉田行男氏(日立ソリューションズ)
パネラ:野口聡(経済産業省)、石井達夫氏(SRA OSS)、溝口則行氏(TIS)

担当

商務情報政策局情報処理振興課

公表日

平成27年2月10日(火)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.