経済産業省
文字サイズ変更

日本工業規格(JIS規格)を制定・改正しました(平成27年2月分)

本件の概要

経済産業省では、技術の進歩や、安全性向上等必要に応じて、JIS規格を制定・改正しています。今回は、17件の制定・改正がありました。

 1.概要

日本工業規格(JIS:Japanese Industrial Standards)とは、鉱工業品の品質の改善、性能・安全性の向上、生産効率の増進等のため、工業標準化法に基づき制定される我が国の国家規格です。
JIS規格は、製品の種類・寸法や品質・性能、安全性、それらを確認する試験方法や、要求される規格値などを定めており、生産者、使用者・消費者が安心して品質が良い製品を入手できるようにするために用いられています。
これらの規格は、日本工業標準調査会(JISC:Japanese Industrial Standards Committee)の審議を経て制定されます。このたび、2月分のJIS規格の制定・改正を行いました。

2.今回のJIS規格制定・改正内容

今回は、8件の制定及び9件の改正を行いました(資料1)。中でも、以下のJIS規格の改正は特に重要です。
・シャッター構成部材に関するJISを改正
シャッターによる挟まれ事故の発生等を受けて、シャッターの安全性向上のため、軽量シャッター構成部材(JIS A 4704)及び重量シャッター構成部材(JIS A 4705)の規格において、障害物感知装置が作動する最大荷重の見直しや開閉繰返し試験の追加、急降下防止装置の性能規定の追加など、安全性に関する規定の見直しを行いました(資料2)。

担当

産業技術環境局基準認証広報室
産業技術環境局国際標準課

公表日

平成27年2月20日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.