経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

福島第一原発における高濃度のたまり水と海洋への影響について

本件の概要

2月24日、東京電力は、福島第一原発2号機原子炉建屋大物搬入口屋上部で高濃度のたまり水が検出されたことを公表しました。

福島第一原発では、敷地境界の線量について原子力規制庁から求められている目標に向けて、排水路の清掃・除染を行ってきましたが、K排水路の濃度が十分に下がらないことから、高線量の区域についても、K排水路に流入する可能性のある部分の調査を行い、今回の事態が判明したものです。

今後、資源エネルギー庁は、排水路を通じた放射性物質の敷地外への流出を抑制するため、あらゆる適切な対策を講じるよう東京電力を指導してまいります。

なお、福島第一原発の港湾外の海水の濃度は、従来から公表しているとおり、引き続き、法令告示濃度に比べて十分に低い値となっています。

担当

資源エネルギー庁原子力発電所事故収束対応室

公表日

平成27年2月24日(火)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.