経済産業省
文字サイズ変更

アセアン特許庁シンポジウム2015を開催します

本件の概要

特許庁は、本年5月に奈良市において、「アセアン特許庁シンポジウム2015」を開催します。これは、アセアン加盟10ヶ国の知的財産庁長官が日アセアン特許庁長官会合に参加するために来日する機会を活かして開催するもので、アセアン各国知的財産庁長官から、各国における知的財産制度の現状、知的財産権保護に関する最新の取組が紹介される予定です。

1.背景

我が国からアセアンへの輸出額は、米国、中国に次ぐ規模※1であり、2013年度の我が国の海外現地法人数の増加数も、アセアン5か国(シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン)が中国を上回っており※2、アセアン諸国は我が国企業の今後の事業展開先として有望視されています。

他方、我が国企業の海外における模倣品被害に関して、アセアン6か国(インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、ベトナム、フィリピン)での被害が近年増加している※3など、アセアン諸国の投資環境の整備の観点から、知的財産制度の整備・強化が急務となっています。

こうした中、アセアン各国はアセアン経済共同体(AEC)の実現を目指し、「アセアン知的財産行動計画2011-2015※4」に基づいた知的財産保護環境の整備に向けた取組を進めています。

2.アセアン特許庁シンポジウム2015開催概要

日時:2015年5月26日(火)  13:30-17:30(12:30受付開始)
会場:奈良県新公会堂 能楽ホール(奈良市春日野町101)
言語:日本語・英語(日英同時通訳)
募集定員:300名程度
参加費:無料
※参加は事前申込制となっておりますので、公式ホームページより申込みください。
主催:特許庁
後援:奈良県
公式ホームページ:
http://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/ibento2/asean_symposium2015.htm外部リンク

なお、今後、プログラム詳細等に関する情報を随時更新いたします。

(参考)第5回日アセアン特許庁長官会合について
日アセアン特許庁長官会合は、アセアンにおける知的財産保護環境の整備に向けた取組に協力するため、日本国特許庁とアセアン各国知的財産庁とのハイレベルな対話の機会として2012年に創設され、毎年、日本とアセアンで交互に開催しています。特許庁は、第5回となる日アセアン特許庁長官会合を、5月25日に奈良市で開催します。今次会合では、2016年以降の次期「アセアン知的財産行動計画」を視野に入れた日アセアン間での知的財産協力のあり方について取りまとめられる予定です。

(※1)2014年財務省貿易統計
(※2)国際協力銀行(JBIC)「2014年度海外直接投資アンケート結果(第26回)」
(※3)2014年度模倣被害調査報告書
http://www.jpo.go.jp/torikumi/mohouhin/mohouhin2/jittai/jittai.htm外部リンク
(※4)アセアン知的財産行動計画2011-2015
http://www.aseanip.org/About-Us/ASEAN-IPR-Action-Plan-2011-2015外部リンク

担当

特許庁総務部国際政策課

公表日

平成27年3月16日(月)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.