経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

小型貨物自動車の新たな燃費基準(トップランナー基準)をとりまとめました

本件の概要

小型貨物自動車の新たな燃費基準(2022年度燃費基準)が、経済産業省及び国土交通省が開催した合同会議においてとりまとめられました。

1.新たな燃費基準(2022年度燃費基準)のとりまとめについて

「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」に基づく小型貨物自動車に係る新たな燃費基準(トップランナー基準※1)について、経済産業省及び国土交通省が開催した合同会議※2において審議が進められてきたところ、今般、パブリックコメント※3を経て、2022年度に達成すべき燃費基準がとりまとめられました(詳細別紙)。
今回の小型貨物自動車に係る新たな燃費基準の達成により、目標年度(2022年度)において、2012年度実績値と比べ26.1%燃費が改善されることになります。 
○2022年度燃費基準値概要

貨物自動車の種類

2015年度燃費基準
(従来の燃費基準)

2022年度基準
(新たな燃費基準)

乗用車派生タイプ(構造A)

12.7km/L ~ 23.2km/L

16.9km/L~28.1km/L

バン・トラックタイプ(構造B)

 7.9km/L ~ 18.2km/L

10.2km/L~21.0km/L

○2022年度燃費基準による燃費改善率

 

2012年度実績値

2022年度推定値※4

2012年度実績からの燃費改善率

小型貨物自動車の
平均的な燃費性能

14.2km/L

17.9km/L

26.1%

※目標年度(2022年度)における各区分毎の出荷台数比率が、2012年度と同じと仮定して試算。 
※1:現在商品化されている自動車の燃費性能をベースとし、技術開発の将来の見通し等を踏まえて策定した基準
※2:総合資源エネルギー調査会省エネルギー・新エネルギー分科会省エネルギー小委員会自動車判断基準ワーキンググループ・交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会自動車燃費基準小委員会合同会議
※3:本とりまとめについての国民の皆様からのご意見及びご意見への考え方については、電子政府の総合窓口(e-Gov)のHP(http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public)にてご覧頂けます
※4:目標年度(2022年度)における各区分毎の出荷台数比率が、2012年度と同じと仮定して試算 

2.今後のスケジュールについて

今後は、本とりまとめを踏まえ、本年春を目処に、経済産業省及び国土交通省において、関連法令に基づく基準の改正を行う予定です。

乗用車派生タイプ
バン・トラックタイプ


 

担当

資源エネルギー庁 省エネルギー対策課
製造産業局 自動車課

公表日

平成27年3月20日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.