経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「海外事業者との投資提携事例集~協業で未来を拓く~」を公表します

本件の概要

経済産業省は、海外事業者と投資提携を行うことで成功している日本の中堅・中小企業の事例を収集し、投資提携により得られたメリットや知っておくべきリスクも掲載した、「海外事業者との投資提携事例集」を作成・公表しました。

1.経緯・概要

海外事業者との資本提携は、自らの資本増強や資金調達のための資金受入れのみを目的とするのではなく、併せて投資元との「技術提携」や「事業提携」が行われれば、技術力の高度化や新商品の開発、国内外での販路の拡大、また、自社事業の海外展開に資するケースがあります。

本事例集では、海外事業者との投資提携を行うことで成功している日本企業の事例を、特に、中堅・中小企業に絞り込み、30事例掲載しています。併せて、これらの企業が、国内外販路の拡大など海外事業者との投資提携により得られたメリットや 従業員の流出などの知っておくべきリスク、また、投資提携にあたってポイントとなる点、留意すべき点なども整理して取りまとめました。

経済状況が目まぐるしく変化する一方、市場の閉塞感が見られる現代において、経営手法と経営資源の選択肢を増やすため、本事例集が経営者の皆様の新たな経営戦略を立てる一助となることを期待します。

2.海外事業者との投資提携のポイント

今回の事例集の作成を通じて、海外事業者との投資提携に基づく協業の結果、国内外での販路拡大や商品・サービスの品質向上などのメリットを得ていることが明 らかとなりました。一方で、海外事業者から厳しい要求を受けることや、従業員が流出するなどのリスクもあることに留意が必要です。

担当

貿易経済協力局 貿易振興課

公表日

平成26年4月7日(月)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.