経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

平成26 年度表層型メタンハイドレート調査を開始します

本件の概要

資源エネルギー庁は、平成25 年度に引き続き、表層型メタンハイドレートの資源量把握に向けた調査を実施します。
平成26 年度の広域地質調査の実施海域である隠岐周辺、上越沖、最上トラフ、日高沖に向けて、本日、調査船が鳥取県境港を出港し、調査を開始しました。

1.背景

メタンハイドレートとは、メタンと水が低温・高圧の状態で結晶化した物質です。我が国周辺海域において相当の量が存在していることが見込まれており、将来の天然ガス資源として期待されています。
我が国周辺海域に存在するメタンハイドレートは、表層型と砂層型がありますが、主に日本海側で確認されている表層型は、「海洋基本計画」(平成25 年4 月閣議決定)に基づき、昨年度から資源量把握に向けた調査を開始しています。
 

2.調査の概要

今年度は、昨年度の調査海域を拡大するとともに、有望地点において、地質サンプルの取得等も実施する予定です。

<調査内容>
(1)広域地質調査等

  • 調査海域:隠岐西方、隠岐トラフ西、上越沖、最上トラフ(秋田・山形沖)、日高沖(別添参照)

  • 調査時期:平成26 年4 月15 日~6 月15 日(予定)

  • 委 託 先:独立行政法人産業技術総合研究所(事業主体) 明治大学・研究知財戦略機構(調査実施者)

  • 使用船舶:第七開洋丸(芙蓉海洋開発(株))

  • 船底に設置された機器から音波を発信することで、海底の地形や海底直下の地質構造を把握する。

  • 上記のうち、一部の海域では詳細地質調査も実施する予定。

(2)地質サンプル取得のための掘削調査

  • 調査時期:平成26 年6 月上旬~7 月上旬(予定)

  • メタンハイドレートを含む地層サンプルを取得する。

  • 広域地質調査の結果等を踏まえ、掘削地点を決定する予定。


(3)環境調査等

  • 調査時期:平成26 年秋頃(予定)

  • 調査方法:海洋環境と生物環境の変動を把握するため、無人探査機(ROV)により、モニタリング装置の回収・設置等を行う。

3.今後の予定

広域地質調査や、有望地点での地質サンプルの取得等の調査結果を踏まえ、今後、資源回収技術についての調査も行う予定。

担当

資源エネルギー庁 資源・燃料部 石油・天然ガス課

公表日

平成26年4月15日(火)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.