経済産業省
文字サイズ変更

「石油コンビナート等における災害防止対策検討関係省庁連絡会議」の報告書を取りまとめ、関係業界団体及び都道府県に要請しました

本件の概要

内閣官房の主導により、総務省消防庁、厚生労働省及び経済産業省(以下「3省」という。)の参加する「石油コンビナート等における災害防止対策検討関係省庁連絡会議」が、本日報告書を取りまとめました。これを踏まえ、経済産業省は、総務省消防庁及び厚生労働省と共同で、石油コンビナート関係業界団体等に対して、 石油コンビナート等における災害防止に向けた取組を進めることを要請しました。

1.報告書の取りまとめ

近年の石油コンビナート等における事業所での深刻な爆発事故等の発生に鑑み、 平成26年2月に内閣官房の主導により、石油コンビナート等の保安に関する規制を行う3省も参加して「石油コンビナート等における災害防止検討関係省庁連絡会議」が設置され、石油コンビナート等における事故・災害の防止に向けた対策を検討してきました。

本日、本連絡会議では、重大事故の発生防止に向けて事業者や業界団体が取り組むべき事項、国や地方公共団体も含めた関係機関が連携して取り組む事項等について報告書を取りまとめました。

2.業界団体等への要請

報告書では、最近の重大事故の原因・背景として、リスクアセスメントの内容・程度 が不十分、人材育成・技術伝承が不十分、情報共有・伝達の不足や安全への取組の形骸化といった共通点があることを踏まえ、事業者及び業界団体に対して、保安向上に向けた取組の実施を求めています。

同報告書を踏まえ、経済産業省は、総務省消防庁及び厚生労働省と共同で、石油コンビナート関係業界団体に対して、業界団体が取り組む内容をまとめた行動計画を策定する等、石油コンビナート等における災害防止に向けた取組を進めることを要請しました。併せて、各都道府県に対しても石油コンビナート等における災害防止対策の推進に引き続き努めるよう求めました。

3.今後の取組

報告書では、国や地方公共団体等が連携して取り組む事項についても整理しており、これを踏まえ、「石油コンビナート等災害防止3省連絡会議」の設置や業界団体等における取組のフォローアップ等、3省が一体となって石油コンビナート等における災害防止に向けた取組を進めていきます。

【添付資料】
石油コンビナート等における災害防止対策検討関係省庁連絡会議報告書概要
石油コンビナート等における災害防止対策検討関係省庁連絡会議報告書
関係業界団体あて文書
各都道府県知事あて文書

担当

商務流通保安G 保安課

公表日

平成26年5月16日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.