経済産業省
文字サイズ変更

株式会社ハーマンプロ(現 株式会社ハーマン)が製造した浴室暖房乾燥機の使用上の注意喚起について

本件の概要

株式会社ハーマンプロ(現 株式会社ハーマン)が製造した浴室暖房乾燥機について、当該製品を焼損し、周辺を汚損する火災が発生しました。当該事故情報は、消費生活用製品安全法第35 条第1 項の規定に基づき、重大製品事故の報告を受け、平成26 年5 月23 日に製品起因が疑われる事故として公表しています。
株式会社ハーマン及び販売先の株式会社ノーリツ、大阪ガス株式会社、東京ガス株式会社では、事故の再発防止のため、本日、各社ホームページでの公表や使用者への個別通知を随時行い、当該製品について、リモコンに特定のエラーが表示される場合は使の中止を呼びかけるとともに、対策部品が準備次第、部品交換を実施することを公表しました。
経済産業省では、当該製品をお持ちの方に対し、事故の再発防止のため、リモコンに特定のエラーが表示される場合は使用の中止していただくとともに、製造事業者が行う予定の部品交換を受けるよう注意喚起を行ってまいります。

1.事故事象及び再発防止策について

(1)事故事象について
株式会社ハーマンプロ(現 株式会社ハーマン)が製造した浴室暖房乾燥機について、当該製品を焼損し、周辺を汚損する重大製品事故が発生しました。重大製品事故が発生し、消費生活用製品安全法第35 条第1項に基づき報告された重大製品事故は1件です。(管理番号:A201400094)当該事故の原因は現在調査中ですが、当該製品のリモコンに特定のエラー(エラー番号「68」)が表示され、当該機器が停止した後、エラーを解除するリモコン操作を繰り替すことにより、発火に至ったものと考えられます。
なお、当該機器は、平成18年6月以降、無償点検及び部品交換を実施しておりますが、今回の事象とは異なるものです。

(2)再発防止策について
株式会社ハーマン及び販売先の株式会社ノーリツ、大阪ガス株式会社、東京ガス株式会社では、事故の再発防止のため、本日、各社ホームページで公表や使用者への個別通知を随時行い、当該製品について、リモコンに特定のエラーが表示される場合は使用の中止を呼びかけるとともに、対策部品が準備次第、部品交換(時期未定)を実施します。

2.対象製品:製品概要、対象製品の確認方法等

(1)製品名:浴室暖房乾燥機

(2)対象機種と確認方法等
対象機種:4 ブランド6 型式 対象台数合計:79,553 台
 

ブランド名 型式 対象台数内訳
株式会社ハーマン FD2809J3 13,953 台
FD2809J2
株式会社ノーリツ BDV-3301UKNC-J 5,748 台
大阪ガス株式会社 161-5501 52,003 台
東京ガス株式会社 BBD-3301ACSK-J3 7,849 台
BBD-3302ACSK-J2

 リモコンのエラー番号の表示状態



確認方法



3.事業者の対応

使用上の注意喚起を行うとともに、部品交換を実施予定(時期未定)

4.事業者の告知

ホームページへの掲載 平成26 年5 月29 日(木)
使用者への個別通知 平成26 年5 月29 日(木)以降順次
新聞社告 平成26 年5 月30 日(金)

5.消費者への注意喚起

上記の対象製品をお持ちの方は、リモコンに特定のエラー(エラー番号「68」)が表示される場合は使用の中止していただくとともに、下記問い合わせ先に速やかにご連絡ください。

6.リコール対象製品に関する各社問い合わせ先

該当製品を購入した以下の各販売先へご連絡ください。

①株式会社ハーマン及び株式会社ノーリツ
<連絡先>
0120-132-587
<受付時間>
24 時間受付
※受付開始は平成26 年5 月30 日から

②大阪ガス株式会社
<連絡先>
0120-00-7573
<受付時間>
24 時間受付
※受付開始は平成26 年5 月29 日から

③東京ガス株式会社
<連絡先>
0120-520-585
<受付時間>
平成26 年9 月30 日まで 24 時間受付
平成26 年10 月1日以降 9 時~17 時(土・日・祝日・年末年始除く)
※受付開始は平成26 年5 月29 日から

担当

商務流通保安グループ製品安全課 製品事故対策室

公表日

平成26年5月29日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.