経済産業省
文字サイズ変更

初の業界横断的なマンガ・アニメ海賊版対策をスタートします

本件の概要

7月30日、日本のマンガ・アニメの正規版コンテンツのリンク集「Manga-Anime here」(URL:http://manga-anime-here.com外部リンク)をオープンするとともに、約580作品を対象に5ヶ月に渡る集中的な海賊版削除を開始します。
経済産業省としては、海賊版が市場から消滅していくことで、正規のコンテンツに対価が支払われ、新たな作品創造へと繋がる好循環を整備してまいります。

近年、日本のマンガ・アニメの海賊版被害が拡大しています。文化庁が平成24年度に行った調査では、中国主要都市(北京・上海・広州・重慶)における日本コンテンツの被害額は年間約5,600億円と推計され、経済産業省が平成25年度に行った調査では、米国におけるマンガ・アニメのオンライン海賊版の被害額は約2兆円と推計されています。
こうした深刻な海賊版被害に対応するため、2013年7月、経済産業省の呼びかけに賛同した出版社及びアニメ関連企業による「マンガ・アニメ海賊版対策協議会」が発足し、「Manga-Anime Guardians Project(MAGP)」を強力に推進することとなりました。

「Manga-Anime Guardians Project(MAGP)」の概要

 
 

① 海賊版の「削除」を効率的に行う「海賊版の大規模削除」
8月1日(金)より、「マンガ」約500作品「アニメ」約80作品について、約5ヶ月に渡る集中的な海賊版削除を開始します。
② マンガ・アニメの「本物」が見つかる正規版リンク集サイト「Manga-Anime here」オープン
7月30日(水)より誰でもマンガ・アニメの“本物”が見つかり、楽しむことができる正規版リンク集サイトをオープンします。
③ 正規版コンテンツの視聴を促進するための普及啓発
古今東西の日本の名作マンガ・アニメから選りすぐりの「ありがとう」シーンを繋いだムービーコンテンツを公開します。今後、さらに新たな普及啓発策を展開してまいります。

なお、本事業は、経済産業省平成25年度補正予算「コンテンツ海賊版対策強化事業(コンテンツ流通促進に向けた海賊版対策支援事業)」の委託事業として、一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)が実施しています。

担当

商務情報政策局 文化情報関連産業課

公表日

平成26年7月30日(水)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.