経済産業省
文字サイズ変更

シンポジウム「地球温暖化対策を考えよう~気候変動の緩和対策について、IPCC第5次評価報告書の最新知見を学ぶ~」を開催します

本件の概要

経済産業省は、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC) 第5次評価報告書」が公表されたことを受け、気候変動の緩和対策についてその最新知見から学び、理解を深めるため、平成26年9月8日(月)、イイノホール(東京都千代田区内幸町)においてシンポジウムを開催します。

 1.概要

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、平成26年4月に開催された総会(ベルリン)において第5次評価報告書 第3作業部会報告書を承認し、公表しました。
IPCC第3作業部会報告書では、温室効果ガスの抑制・削減(気候変動の緩和)のための政策や施策に関する評価を取り扱っており、様々な行政レベルや経済セクターにおける選択肢を評価し、種々の緩和対策が社会に及ぼす影響を評価しています。
こうした気候変動の緩和対策についての最新知見を学ぶと同時に、報告書を執筆した研究者、対策を実施する産業界等を招いて議論を行い、理解を深めるため、シンポジウムを開催します。
本シンポジウム前半の講演では、IPCC第3作業部会共同議長のオットマー・エデンホファー博士(ポツダム気候影響研究所)による基調講演を含め、同報告書の執筆に参加した国内外の研究者より、報告書のポイントについて紹介いただきます。
更に、後半のパネルディスカッションでは、前半の講演者に加えて産業界からもパネリストとして参加いただいて議論・討論を行い、気候変動の緩和対策について理解を深めます。

2.日程等

日時:平成26年9月8日(月) 13:00~17:00 (12:30受付開始)
場所:イイノホール(東京都千代田区内幸町)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目1-1
主催:経済産業省
共催:公益財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE)
内容:講演、パルディスカッション、他 (日英同時通訳有り)
定員:300名(無料・事前登録制)
※シンポジウムの詳細については、別添資料、又はシンポジウム運営事務局ホームページをご参照下さい(下部にURL記載)

3.参加申し込みについて

参加費無料、事前登録制となっております。
9月2日(火)までに、下記URLよりお申し込み下さい。なお、定員になり次第締切らせて頂きます。
■シンポジウム運営事務局:シンポジウム詳細、申し込み受付
公益財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE) ホームページ
URL:http://www.rite.or.jp/news/events/2014/08/ipcc2014.html

担当

産業技術環境局環境政策課 地球環境対策室

公表日

平成26年8月6日(水)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.