経済産業省
文字サイズ変更

「知的財産統計会合~知財を通じて見る世界経済~」プログラムが決定しました!

本件の概要

特許庁とOECD が日本政府のOECD加盟50 周年記念の一環として、11 月17 日(月)及び18 日(火)の2 日間にわたりアジアで初めて開催する「知的財産統計会合」のプログラムが決定しました。ERIA 事務総長、五大特許庁副長官級、OECD 事務次長、アジアを代表する有識者が東京に集結し、知財と経済の熱い議論を二日間繰り広げます。

1.知的財産統計会合について

「知的財産統計会合」は、政府関係者、学識経験者等を中心に知的財産と経済・統計に関する情報交換や議論を行う場として、2003 年から毎年各国で開催されており、今回で12 回目を迎えます。
本年は我が国のOECD 加盟50 周年記念の一環として、日本において初めて開催いたします。毎年、世界各国・地域から、政府機関、知財庁、企業、大学・研究機関等から多数の参加があり、今年も世界約20 カ国以上からの参加が見込まれております。

2.開催概要

1)日時:2014 年11 月17 日(月)~18 日(火)
2)会場:ホテルオークラ東京(東京都港区虎ノ門2-10-4)
3)主催:特許庁(JPO)、経済協力開発機構(OECD)
4)協力:欧州特許庁(EPO)、欧州連合統計局(EUROSTAT)、韓国特許庁(KIPO)、米国国立科学財団(NSF)、米国特許商標庁(USPTO)、世界知的所有権機関(WIPO)
5)参加方法:公式ホームページへの事前登録制(無料)
http://www.ipsdm2014.jp/index.html外部リンク

担当

特許庁 総務部 企画調査課

公表日

平成26年10月20日(月)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.