経済産業省
文字サイズ変更

平成26 年7 月に神奈川県内で発生した爆発事故報告を取り下げました

本件の概要

平成26 年7 月25 日(金)に発生し、同月29 日(火)に報道発表しました「神奈川県内で爆発事故(重傷1 名)が発生しました」について、その後の調査の結果、高圧ガス保安法の報告対象事故には該当しないことが分かりました。そのため、当省としては、高圧ガス保安法の報告対象外の事故と判断し、当省ホームページ(産業保安 都市ガスの安全・LPガスの安全ページ)にて公開している事故報告情報から当該事故情報を削除しました。

事故報告取り下げの経緯

平成26 年7 月25 日(金)に神奈川県内の共同住宅において、爆発が発生し、同月28 日(月)に神奈川県から関東東北産業保安監督部を通じて、高圧ガス保安法に基づく報告を受け、翌29 日(火)に報道発表を行いました。

その後の関係機関の調査の結果、爆発の原因は、液化石油ガスの漏えい及び消費設備の不具合によるものではなく、エアゾール製品に含まれる可燃性ガスに、風呂釜を着火しようとした時の火花が引火したことによるものと推定されました。これを受け、平成26 年9 月11 日(木)に神奈川県から関東東北産業保安監督部を通じて、高圧ガス保安法の報告対象事故には該当しない旨の報告を受けました。

そのため、経済産業省としては、高圧ガス保安法の報告対象外の事故と判断しましたので、経済産業省のホームページ(産業保安 都市ガスの安全・LPガスの安全ページ)に掲載していた当該事故情報を、本日削除しました。

<参考:産業保安 都市ガスの安全・LPガスの安全ページ>
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/citygas/detail/gas_accident.html

担当

商務流通保安グループ ガス安全室

公表日

平成26年10月20日(月)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.