経済産業省
文字サイズ変更

「企業報告ラボ」プログレス・レポートを取りまとめました

本件の概要

経済産業省は、企業と投資家が、企業価値の向上に向けた対話や開示のあり方を検討、調査、提案する場として、「企業報告ラボ」を設立し、活動を行ってまいりました。この度、企業報告ラボにおける2013年7月から2014年8月までの活動内容と主な成果をプログレス・レポートとして取りまとめました。

 1. 企業報告ラボ

経済産業省は、2012年7月、企業と投資家が、企業価値の向上に向けた対話や開示のあり方を検討、調査、提案する場として、「企業報告ラボ(The Corporate Reporting Lab)」を設立し、参加するメンバー自らがプロジェクトを提案し、それを実現する形で活動を進めてまいりました。
企業報告ラボは、以下の二つを大きな目的としています。
(1)企業と投資家が集い、双方の対話に関するそれぞれの認識の違いを理解し、共通の理解や言葉を探ることで、より建設的な対話を促すこと
(2)日本市場に関心を持つ海外投資家を含む、内外の関係者とのネットワークを構築するとともに、日本からのメッセージを発信すること

2. プログレス・レポート2013-2014の概要 -活動と主な成果-

今般、2013年7月から2014年8月までの企業報告ラボの活動と成果を、プログレスレポート2013-2014にまとめました。
まず、2013年7月、特別プロジェクトとして「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~(伊藤レポート)」が開始されました。同プロジェクトでは、企業が投資家との対話を通じて持続的成長に向けた資金を獲得し、企業価値を高めていくための課題を分析し、資本効率を意識した経営改革、インベストメント・チェーンの全体最適化、双方向の対話促進について提言を行いました。
※最終報告書を下記のURLよりご覧いただけます。
http://www.meti.go.jp/press/2014/08/20140806002/20140806002.html
また、「コーポレート・ガバナンスの対話の在り方分科会」では、各企業(事業会社)が開示と対話を通じて海外投資家とどのように向き合うか、また、日本全体のコーポレート・ガバナンスをどのように海外に発信するか等について議論・調査・提言等が行われました。特に、「グッド/バッドプラクティス事例分析作業部会」は、2014年1月~3月にかけて大手機関投資家を対象にアンケート調査を実施し、その結果を同年5月に「株主総会の召集通知のグッド・プラクティス事例調査の結果について」として公表しました。
※公表資料を下記のURLよりご覧いただけます。
http://www.meti.go.jp/press/2014/05/20140509003/20140509003.html 
その他に、投資家フィードバック調査作業部会、アセットオーナー実態調査作業部会、投資家フォーラム作業部会が活動を行いました。それぞれの分科会や作業部会の活動内容及び成果については、本文を御参照下さい。
なお、2012年7月から2013年6月の企業報告ラボの活動・成果については「プログレス・レポート2012-2013」として公表しています。(下記URL参照)
http://www.meti.go.jp/press/2013/08/20130823001/20130823001.htm

 

担当

経済産業政策局企業会計室

公表日

平成26年10月22日(水)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.