経済産業省
文字サイズ変更

「医療機器開発支援ネットワーク」の構築に向けた「第1回次世代医療機器開発推進協議会」を開催しました

本件の概要

成長戦略(日本再興戦略)で掲げる「国民の健康寿命の延伸」を実現するため、健康・医療戦略推進会議のもと、文部科学省、厚生労働省及び経済産業省の連携による、「医療機器開発支援ネットワーク」の構築に向けた協議会を本日開催しました。

1.協議会開催の経緯

「健康・医療戦略」(平成26年7月22日閣議決定)では、成長戦略(日本再興戦略)で掲げる「国民の健康寿命の延伸」を実現するため、関係機関の相互連携・協力の必要性が掲げられました。これを踏まえ、医工連携により医療現場のニーズに応える開発・実用化を推進する「医療機器開発支援ネットワーク」を構築するとともに、産学官が連携して世界最先端の医療機器開発を推進すべく、関係府省・関係機関の連携を確保するため、「次世代医療機器開発推進協議会」が設置され、本日、第1回目の会合を開催しました。

※「次世代医療機器開発推進協議会」は、健康・医療戦略推進会議のもと、事務局を内閣官房健康医療戦略室が担当。

2.「医療機器開発支援ネットワーク」の概要

中小企業・ベンチャー・大学等による医療機器の開発・事業化には、医療現場のニーズ把握、薬事法対応、販路開拓等においてハードルの高い多数の課題があります。

このため、関係省庁(内閣官房、文科省、厚労省、経産省等)や関連機関、企業、地域支援機関が連携し、開発初期段階から事業化に至るまで、切れ目なく支援する「医療機器開発支援ネットワーク」を構築について、第1回協議会にて意見交換が行われました。

「医療機器開発支援ネットワーク」では、医療機器の開発・実用化に取り組む企業に対し、医療現場のニーズに関する情報提供や、各開発段階における諸課題(薬事、知財、海外展開、ファイナンス等)に対して「伴走コンサル」によるアドバイスの実施など、切れ目ない支援をワンストップで行います。

事務局(文部科学省、厚生労働省、経済産業省)及びサポート機関ワンストップ窓口による全体調整のもと、商工会議所等の地域支援機関、自治体、コンサルタント企業、専門支援機関等によるネットワークを構成し、医療機器開発に関する地域のイニシアティブを支援します。

3.今後の予定

平成26年10月31日に、「ネットワーク」のワンストップ窓口を開設し、正式に立ち上げ予定です。

(参考1) 次世代医療機器開発推進協議会の開催について
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/suisinkaigi/dai7/siryou3.pdf外部リンク
(首相官邸 健康・医療戦略推進本部ホームページより)

(参考2) 「医療機器開発支援ネットワーク」について
https://www.med-device.jp/net/外部リンク
【平成26年10月31日開設予定】

担当

商務情報政策局医療・福祉機器産業室

公表日

平成26年10月28日(火)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.