経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

第4回「アジア・コンテンツ・ビジネスサミット」共同声明を発出しました

本件の概要

本年10月21日(火)・22日(水)に3年振りとなる「アジア・コンテンツ・ビジネスサミット(ACBS)」を東京で開催いたしました。
21日は公開セミナーを開催し、翌22日に前日の議論を受けて政府等関係者間対話(非公開)で協議を行った結果、アジア地域のコンテンツ産業成長のための参加各国の協力・連携に関する共同声明に合意しました。

1.共同声明の概要

アジア地域のコンテンツ産業のさらなる育成・成長のために、今回のサミットでも重点的に議論を行った項目について、将来に向けた活動について合意しました。
※第4回ACBS参加国: 香港、日本、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ (アルファベット順)

具体的な合意事項の例(仮訳)
 

  • コンテンツの越境流通の重要性を認識し、その促進の障害となっている規制の緩和を目指すこと
  • 横行する海賊版への対策についてメンバー国・地域が相互連携して取り組むこと
  • 域内の国際共同製作など国際協調を推進するための方策の検討を続けること

今回合意した項目における協力を深めることにより、我が国のコンテンツ産業がアジア諸国の需要を取り込み、更に発展することを目指します。

(参考)第4回ACBSの概要


21日(火)に開催された公開セミナーのセッションにおいては、40名程度のアジア各国の政府、政府系機関、同地域を代表するメディア・コンテンツ企業が参加したほか、150名以上の一般参加者の方々にもご参加いただき、アジア地域のメディア・コンテンツ産業振興を目指した協力について熱心な討議が交わされました。

22日(水)には政府等関係者間対話(非公開)を行い、公開セミナーでの議論を踏まえて将来に向けた具体的な取組について話し合い、上述の共同声明に合意いたしました。

担当

商務情報政策局 文化情報関連産業課課

公表日

平成26年11月4日(火)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.