経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会」を開催します

本件の概要

経済産業省は、ドラッグストアが我が国の抱える諸課題に対してどのような貢献ができるかについて検討を行うため、「セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会」を開催します。

1.概要

「日本再興戦略―JAPAN is BACK―」(平成25年6月閣議決定)及び「日本再興戦略改訂2014―未来への挑戦―」(平成26年6月閣議決定)の中で、セルフメディケーションの推進等が挙げられています。
セルフメディケーションに取り組んでいくためには適切な情報提供が必要です。また、日本全体で見ても、少子高齢化等を背景に買物弱者等の様々な課題が生まれています。
本研究会では、全国に17,000店舗を有し、様々な商品を取り扱う小売業態の一つであるドラッグストアが、セルフメディケーションの推進や少子高齢化等の課題に対して、どのような社会的・経済的役割を果たすべきかについて検討を行います。

2.委員

別紙を御参照ください。

3.今後の予定

第1回研究会
日時 平成26年11月7日(金) 16:00-18:00
※本年度内にとりまとめを予定。

担当

商務流通保安グループ 流通政策課

公表日

平成26年11月6日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.