経済産業省
文字サイズ変更

世界最大級の商標データベース「Global Brand Database」に日本の商標情報を掲載します~商標に関する国内外の情報が一括で閲覧可能になります~

本件の概要

特許庁は、世界知的所有権機関(WIPO)が保有する世界最大級の商標データベース「Global Brand Database」に、我が国の商標登録に関する情報が掲載されている「商標公報」の提供を開始します。
「Global Brand Database」に日本の商標公報が反映されることで、我が国のユーザーが諸外国の公報と一括で検索できるようになり、世界でのブランド戦略を策定する上で有効に活用されることが期待されます。
 

1.概要

特許庁は、 WIPOが2013年 2月より行っている世界 16 ヵ国の商標情報 の提供サー ビス「Global Brand Database 」に、我が国の商標 公報 を掲載することについて、WIPOと合意しました。

2.合意事項

2015 年 1 月より、2000 年以降に発行された我が国の商標公報、およそ 170 万件を提供するとともに、今後、随時、我が国で登録された商標の公報を提供していくことになります。これにより、グローバルにブランド展開を考えるユーザーが、我が国の商標公報を含めた世界の公報を無料で一括検索できるようになります。

なお、「Global Brand Database」では、検索したい図形のイメージファイルを入力するこ とにより、類似の図形商標が検索できる画像検索も可能です。これによって、我が国のユーザーが当該サービスを利用する利便性が向上し、世界におけるブランド戦略を策定する上で有効に活用されることが期待されます。

 (参考)Global Brand Database  とは
○サービス概要
WIPO が無料で提供する、商標出願、登録商標の検索及び詳細情報の照会を一括して行うことができる情報提供サービス。2011 年 3 月のサービス開始時には、国際登録商標、リスボン協定に基づく原産地名称、パリ条約 6 条の 3 に基づく国の紋章等が蓄積されていたが、2013 年 2月より、世界各国における商標出願、登録商標の情報も蓄積されるようになり、現在、16 の商標庁の商標の情報を検索、照会することができる。2014 年 11 月 20 日時点で、約 1400 万件のデータが蓄積されている。2014 年 5 月より、検索したい図形のイメージファイルを入力することにより、類似の図形商標が 検索できる画像検索機能がリリースされた。

○参加する 16 の商標庁:
米国、オーストラリア、カナダ、シンガポール、ニュージーランド、スイス、フィリピン、デンマーク、 イスラエル、モロッコ、エジプト、カンボジア、エストニア、UAE、オマーン、アルジェリア

○蓄積データ数(2014 年 11 月 25 日現在)

(Global Brand Database ホームページ:  http://www.wipo.int/branddb/en/外部リンクより)
 

担当

総務部 総務課 情報技術統括室

公表日

平成26年11月27日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.