経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

宮沢経済産業大臣がインドのアンドラプラデシュ(AP)州ナイドゥ首相と会談し、覚書に署名しました。

本件の概要

本日、宮沢大臣が、インドのアンドラプラデシュ(AP)州のナイドゥ首相と会談し、AP州での産業協力に関する覚書に署名しました。
本覚書の締結は、2014年9月の日印首脳会談において合意された、インドへの直接投資と進出日本企業数を5年で倍増するとの目標の実現に向けた取組であり、経済産業大臣とインド州首相の間では初の取組となります。

概要

AP州は、チェンナイ大都市圏への近さ、行政対応の良さ、多くの良好な港湾、東アジアからのアクセスの良さ等の観点から、日本企業の新たな投資先、輸出拠点として注目を集めています。また、州都ハイデラバードは、2024年以降、分離独立したテランガナ州の州都となるため、AP州は新たな州都の開発や産業振興を外資も導入しつつ急ピッチで進めており、日本企業の参入機会も増加しています。

加えて、2014年6月に州首相に着任したナイドゥ首相は、1995年~2004年の州首相時代に、欧米の大手IT企業等をトップセールスにより誘致し、ハイデラバードをグローバルなIT都市に育てた実績の持ち主であり、その手腕に注目が集まっています。日本からの投資誘致に対しても積極的であり、在インドの日本政府関係者と、投資誘致に向けたワーキンググループも設置されています。
本日署名された覚書においては、経済産業省と関係機関がAP州への日本企業進出や同州での工業団地整備を支援すること、AP州がインフラ整備、投資インセンティブの付与等を通じた投資環境整備に取り組むとともに、同州のプロジェクトへの日本企業の参入支援を行うこと等が合意されており、今後、AP州への日本企業進出が更に加速することが期待されます。

担当

通商政策局南西アジア室

公表日

平成26年11月28日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.