経済産業省
文字サイズ変更
  • 経済産業省ホーム
  • お知らせ
  • ニュースリリース
  • 2015年度一覧
  • 福島県との間で福島イノベーション・コースト構想に係るロボットテストフィールド及び国際産学官共同利用施設(ロボット)の整備・運営に関する協定を締結しました

福島県との間で福島イノベーション・コースト構想に係るロボットテストフィールド及び国際産学官共同利用施設(ロボット)の整備・運営に関する協定を締結しました

本件の概要

21日、高木経済産業副大臣が鈴木福島県副知事との間で、ロボットテストフィールド及び国際産学官共同利用施設(ロボット)の整備及び運営に関する協定を締結しました。今後、本協定に基づき、経済産業省と福島県は共同して、福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想の核となるこれら両拠点の整備・運営を推進していきます。

1.本協定書の背景

ロボットテストフィールド及び国際産学官共同利用施設(ロボット)は、福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想の核となる拠点として平成28年度から整備を開始していく予定です。 

これまで、経済産業省は平成27年3月に両拠点の具体化に向けた個別検討会の中間整理を公表し、同年6月、イノベーション・コースト構想推進会議においてプロジェクトの概要と今後の工程表を示しました。経済産業省は、これらの検討を踏まえ、両拠点の整備等について平成28年度予算案に計上するなど具体化に向けた取組を進めるとともに、福島県と共同して今後の両拠点の整備・運営の方向性について検討を行ってきました。
 

2.本協定の主な内容

本協定は、これまでの経済産業省と福島県における検討を踏まえ、両拠点がイノベーション・コースト構想の推進の核として求められる役割を十分に果たし、福島県浜通り地域へのロボット関連産業の集積及び雇用の創出を実現するため、その整備・運営についての方向性、役割分担などを経済産業省と福島県の間で確認したものです。

両拠点については、経済産業省と県が共同して設立した検討委員会において平成27年度内に施設の機能など全体の詳細計画を取りまとめ、国の財政的支援のもと、福島県が整備を実施するものとしています。
また、両拠点の運営については、福島県が新たに設置する運営法人が運営するとともに、経済産業省は、運営法人に対する財政・人的支援や両拠点の利用の推進に取り組むこととしています。

今後、本協定に基づき、経済産業省と福島県は共同して、福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想の核となるこれら両拠点の整備・運営を推進していきます。

担当

地域経済産業グループ福島産業復興推進室
 

製造産業局産業機械課

公表日

平成28年1月25日(月)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.