経済産業省
文字サイズ変更

星野経済産業大臣政務官がスイスに出張しました

本件の概要

星野経済産業大臣政務官は、スイス主催WTO非公式閣僚会合に出席するため、1月23日から24日の日程で、スイス・ダボスに出張しました。

1.WTO非公式閣僚会合

日本、米国、EU、豪州、カナダ等22か国・地域が参加し、昨年12月の第10回WTO閣僚会議(MC10)における閣僚宣言採択後のWTO交渉の進め方について議論しました。日本からは星野経済産業大臣政務官、佐藤農林水産大臣政務官、濱地外務大臣政務官が参加しました。
議論の概要としては、MC10では農業の輸出競争分野やITA拡大で合意が得られたことは大きな成果であり、MC9及びMC10の合意事項の実施の重要性とともに、新たな課題や新たなアプローチの検討の重要性が共有されました。
星野経済産業大臣政務官からは、主に以下2点を発言し、各国より支持がありました。

  • ITA拡大の妥結は、有志国によるプルリ交渉が、具体的な成果を得る有効なアプローチのひとつであることを示しており、プルリ交渉を積極的に活用していくべき。
  • 電子商取引の増加、GVCの発達など、経済構造の変化を踏まえ、産業界のニーズに則した新たな課題についても検討すべき。
出席閣僚らによる集合写真

2.出席閣僚等との意見交換

上記会合に出席していた閣僚等のうち、米国フロマン通商代表、EUマルムストロム欧州委員、中国王商務副部長、韓国禹通商第二次官、ケニア・アミナ外務・国際貿易長官、スイス・イナイヒェン・フライシュ対外経済庁長官、豪州ロブ貿易投資大臣、香港ソー貿易・経済開発担当大臣、カナダ・フリーランド国際貿易大臣、タイ・チェムチャン貿易副大臣、南ア・デービス貿易産業大臣のほか、アゼベド事務局長と立ち話等で意見交換を行いました。


米国 フロマン通商代表

EU マルムストロム委員

豪州 ロブ貿易投資大臣

カナダ フリーランド国際貿易大臣

担当

通商政策局通商機構部

公表日

平成28年1月26日(火)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.