経済産業省
文字サイズ変更

「電力の小売営業に関する指針」を制定しました

本件の概要

経済産業省は、電力取引監視等委員会の建議を踏まえ、4月からの小売全面自由化に向け、電気の需要家の保護の充実等を図るため、小売電気事業者による需要家への適切な情報提供の方法等について定めた「電力の小売営業に関する指針」を制定しましたのでお知らせします。

本年4月1日より、電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商店も含む全ての需要家が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになります。

これに伴い、4月以降に電気を小売する事業者(小売電気事業者)の事前登録が進められていますが、様々な事業者が電気事業に参入にするにあたり、電気の需要家の保護の充実を図り、需要家が安心して電気の供給を受けられるようにするとともに、電気事業の健全な発達を図るためには、小売電気事業者等が電気事業法及びその関係法令を遵守することを促すことが重要です。

経済産業省では、1月22日付けで電力取引監視等委員会から、電気事業法第66条の13第1項の規定に基づく「電力の小売営業に関する指針」の制定について建議を受けたことを踏まえ、同指針を制定しました。
 

担当

資源エネルギー庁電力・ガス事業部 電力市場整備室

公表日

平成28年1月29日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.