経済産業省
文字サイズ変更

日本の伝統的工芸品を世界最大級の消費財見本市でPRします!~ドイツで開催される「アンビエンテ2016」に出展~

本件の概要

本年2月12日(金)~16日(火)にドイツ・フランクフルトで開催される世界最大級の消費財見本市「アンビエンテ2016」に日本各地の伝統的工芸品が出展します。
これを通じ、100年以上の歴史を有し、日本特有の風土の中で培われた究極の技と美を備えた伝統的工芸品の魅力を世界に発信します。

1.趣旨

「アンビエンテ」は毎年2月に開催されている世界最大級のBtoB消費財見本市です。
昨今では、伝統にとらわれず、デザイン性、品質など、世界の求める要素を取り入れた伝統的工芸品も登場し、現代生活に彩りを添えています。
そうした新しい潮流を汲んだ伝統的工芸品を「DENSAN」ブランドとしてアンビエンテで広く世界に訴求し、多様な文化の中で取り入れられることを目指しています。
経済産業省の支援を得て、一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会が出展し、「現代生活の中で活きるDENSAN~究極の手仕事~」をテ-マに、日本各地の14事業者の作品を紹介します。
ユネスコの無形文化遺産でもある「和食」の文化と風景の中で活きる日本の伝統的工芸品の良さをPRし、出展企業の海外市場獲得・ビジネス化につなげます。

西陣織「テーブルセンター」
渡文(株)

備前焼「ウォーターカラフェ」
小川秀蔵

山中漆器「アクセサリーシリーズ」
うるしアートはりや

高岡銅器「銅のタイル」
(有)モメンタムファクトリー・Orii

 奈良筆「水彩毛筆」
(株)あかしや

江戸切子「カットグラス」
木本硝子(株)

2.出展概要

  • 見本市名:Ambienteアンビエンテ2016
  • 会期:2016年2月12日(金)~16日(火)
  • 会場:ドイツ・フランクフルト国際見本市会場
  • 参加事業者名、展示工芸品名 

「DENSAN for Everyday Life-ULTIMATE HANDMADE-Bridging JAPANESE HANDICRAFT to the world」

(ブース:Galleria 0.A04、A05)

14の事業者が伝統の技を生かした日常使いの製品を出品し、各国バイヤーと商談を行います。

織物

渡文(株)(西陣織)

陶磁器

小川秀蔵(備前焼)/(有)平戸洸祥団右ヱ門窯(三川内焼)

漆器

(有)遠藤正商店(会津塗)/(株)関美工堂(会津塗)/うるしアートはりや(山中漆器)

木工品

(有)ヤマイチ小椋ロクロ工芸所(南木曽ろくろ細工)

金工品

(有)鋳心ノ工房(山形鋳物)/(有)モメンタムファクトリー・Orii(高岡銅器)

和紙

(株)五十崎社中(大洲和紙)

その他の工芸品

(株)あかしや(奈良筆)/広島筆産業(株)(熊野筆)/木本硝子(株)(江戸切子)/東洋佐々木ガラス(株)(江戸硝子)

担当

商務情報政策局伝統的工芸品産業室

公表日

平成28年2月1日(月)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.